9月30日に放送された『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~※この日は27:45~)に、美人シングルマザーが登場。息子を溺愛していることを語った。

終電を逃した人にタクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」と頼み、その人の自宅について行く“完全素人ガチバラティ”。矢作兼おぎやはぎ)とビビる大木鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー) らが司会を務める。

スタッフが和歌山県・白良浜海水浴場で声をかけたのは、かえで(26)さんと颯真(8)くん親子。かえでさんは人気美容室の店長をしていて、一緒に海水浴に来ていた友人らも「みんなに好かれるタイプ」という明るい女性。颯真くんは、彼氏と別れてから妊娠が判明した子供で、未婚のままシングルマザーになったという。

自宅は1Kで家賃は約4万円。実家が近くにあり、ランドセルや子供のものはすべて預けているという。休みの日は公園で一緒に過ごすという仲良し親子だが、仕事が忙しく、いつも予約でいっぱい。一緒に食事が出来るのも、早く帰れた日や休日くらいなのだとか。恋愛について尋ねると「仕事が忙しすぎて、ここ何年もしていないです」とかえでさん。「出来たらほしいけど」と言いつつも、颯真くんから厳しいチェックがあるようで「(颯真くんに)怒られるし、嫉妬がやばいですもん」と語った。颯真くんも「ママで充分。誰(が父親になっても)でもイヤ」と本音を吐露。母親の好きなところは「身長が低いところ」だそうで、母と家でゴロゴロしている時が一番楽しいのだと話した。

かえでさんは颯真くんに何でも相談していると言い、彼氏と別れたことや仕事であったことなどを話している。そこでの颯真くんのアドバイスが的確で「またイチから頑張ったらいいんちゃう?」と言葉をかけられるため「頼りになる」と笑顔で述べた。また、颯真くんは優しく「髪色変えた?」「今日のネイルかわいいなぁ」とかえでさんの微妙な変化にも気づいてくれることを告白。スタッフがプレイボーイになりそうだと予想すると「なるかも……」と危惧し、「めっちゃいい子なんで、このまま育ってほしい」と語っていた。

南海キャンディーズ(山里亮太、しずちゃん)が、4月1日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲスト出演。山里は、妻・蒼井優との出会いから結婚、そして新婚生活について赤裸々に告白。また、しずちゃんは「今まで誰にも話したことがなかった」という過去の恋愛話を明かす。

ページトップへ
Twitter Facebook