中谷美紀主演のドラマスペシャル『あの家に暮らす四人の女』(テレビ東京系、21:00~)が、9月30日(月)に放送される。オンエアを前に、都内で試写会が行われ、主演の中谷と原作者の三浦しをんが登壇した。

同ドラマは、直木賞作家・三浦の同名小説(中央公論新社2015年刊行)が原作で、谷崎潤一郎没後50年の「谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品」として発刊され現代版「細雪」と謳われており、今回初めて映像化される。中谷の他に、吉岡里帆永作博美宮本信子が演じる、全く違うタイプの女4人が一つ屋根の下で暮らす些細な日常を、丁寧に描いていく。中谷は、父の行方を知らない刺繍作家でアラフォー彼氏なしの牧田佐知を演じる。吉岡は、ダメ男に甘い保険会社OL・上野多恵美役を。そして永作は、佐知の友人で多恵美の会社の先輩、毒舌な谷山雪乃役を。宮本は、お嬢様気質で気ままな性格の佐知の母・牧田鶴代役を演じる。そんな4人の女を取り巻く男性陣が解禁された。

三浦の作品について問われた中谷は、「三浦さんの作品はほのぼのとしてどこか温かく、それでいてピリッと山椒のきいたような、人間の本質を突くような作品が多い」と述べ、本作については「大人のためのファンタジー、寓話のようであり、それでいてリアリティがある」と明かした。続けて、「(生活習慣の変化などで)わたしたちは、生きていくうえで家族像がどうあるべきかを迷っている最中だと思うんです。皆さんの中にある迷いにほんの少しの光明が差し込むようなドラマになってくれたら」と期待を寄せる。

今回、主演の話が舞い込んで来た時は自身も同様の迷いを抱いている最中であったといい、「ちょうどわたしも一人で死んでいく覚悟をしていた頃で、老後どうしようかなって、友人と一緒に暮らすのもいいかなと思っていた矢先にこのお話をいただいたんです。(だからこそ)とても楽しく演じさせてもらいました」とコメント。共演者にも恵まれたといい、「宮本信子さんは素晴らしいコメディアンヌであることはみなさんも周知の事実ですけど、永作さんも秀逸で。自分も一緒に演じていて、まるで観客のような気持ちになって見入ってしまう、聞き入ってしまうことがありました」と絶賛。「達者な役者さんたちに恵まれて素晴らしい時間でした」と撮影を振り返った。

三浦も「ドラマを拝見して本当に面白くて素晴らしいドラマにしていただいて、中谷さんをはじめ出演者の素晴らしい演技、演技と思えないような世界になっているものをこうして拝見することができて嬉しく思っています。大好きな作品になりました」と嬉しそうな表情。中谷の起用についても「すごくびっくりしたし嬉しかった」と述べ、「中谷さんの映画も好きだけど、音楽も好きで今でもよく聞くくらいなんです。麗しいけど、可愛いけど、この人はダメだろうって(ヒロインの)牧田佐知像をうまく演じていて素晴らしいなと思いました」と中谷を称賛。

トークではまた、友人との共同生活をもし送ることになったら譲れないことなども質問に挙がったが、中谷は「結婚する男性のタイプの条件でもあった」と前置きし、「便座をちゃんとおろす人がいい」とコメント。また、「自分は空想タイムが必要。同居してあまり距離が近いと疲れてしまう。そもそも一人の時間が大切なタイプなので、(そういう時は)そっとしておいてくれる相手がいいですね」と話していた。

次回 1月24日(日)よる10時30分 日本テレビ系で放送の新日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」。本作は日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、日本テレビ系日曜ドラマにてSeason1を放送、全10話で一度完結を迎える。その後に、3月よりHul

ページトップへ
Twitter Facebook