原田泰造

原田泰造三宅弘城磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第7話「ゴッドファーザーと共にととのう」が、8月30日に放送されるが、今回ついに、サウナ界のゴッドファーザー・米田行孝さんが登場する。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化。サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれている。原田演じる伝説のサウナーの後を追って全国を旅するナカタアツロウが主人公で、キャスト、スタッフ共に自他ともに認めるサウナ好きが集結。小宮有紗荒井敦史山下真司荒川良々のほか、サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

今回登場する米田さんは、創業60年を超えるサウナ&スパのパイオニア的存在「ウェルビー」の経営者。キャスト陣とどんな絡みを見せるのか注目だ。

<ストーリー>
ナカタアツロウ(原田)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。突然ととのわなくなってしまい、苦悩する偶然さん(三宅)が会ってみたいという“サウナ界のゴッドファーザー・米田さん”。その存在を知ったナカタは米田さんが経営している“店内にはフィンランドがある”と噂のサウナ施設がある名古屋へと向かう。店内にあるサウナの1つ“森のサウナ”は米田さんが作った渾身のサウナらしいのだが……。

この夏、放送がスタートする土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』。 小芝風花演じる主人公・目黒澪が妖怪たちと出会うきっかけとなるのが、澪をどん底につき落とした元恋人。第1話では澪に借金をさせ、仕事のミスを押しつけ、挙句のは

ページトップへ
Twitter Facebook