兄弟の再会に感動する徳光

8月26日の『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京系、毎週月曜20:00~)は、2時間スペシャルを放送。今回は、アルゼンチンに住む日系移民の男性が、64年前に生き別れた兄と再会するために来日する。

同番組は、ニッポンが大好きで、ニッポンに行きたくてたまらない外国人を日本に招待し、ニッポンで夢をかなえてもらう様子をウォッチする応援バラエティ。スタジオには、応援団長の織田信成をはじめ、眞鍋かをり高橋茂雄サバンナ)、ゲストの徳光和夫が出演する。

世界遺産のイグアスの滝で有名なアルゼンチン北東部のミシオネス州・プエルトリコに暮らす72歳の佐藤昌弘さんは、小学3年生のときに北海道美唄市から家族で移住。「良いところに行くんだろう」と思っていた昌弘さんを待っていたのは、電気も水もないジャングルでの生活だった。高校卒業後は紅茶工場に就職し、20歳のときに現地でワルタさんと結婚。5人の子宝に恵まれ、幸せな日々を過ごす昌弘さんだったが、一つだけ心残りがあった。

それは、移住時にはすでに就職先が決まっていたため、一人日本に残った11歳年上の兄・幸一さんの存在。30年前に他界した母のサダ子さんも、兄のことをいつも気にかけていたという。

番組では、現在は音信不通になってしまった兄と再会したいという昌弘さんを日本へ招待。「お母さんがいつも会いたがっていた」ことを伝えるため、昌弘さんは息子のサンドロさんと一緒に、生まれ故郷の北海道美唄市に降り立つ。昌弘さんはさっそく40年前に兄の幸一さんから届いた手紙を手がかりに捜索を開始。しかし、手紙の住所に幸一さんはおらず、ガックリと気を落とす昌弘さん。そんなとき、たまたま出会ったタクシードライバーの一言で事態は大きく前進する。

やっとの思いで生き別れた兄の幸一さんと再会を果たした昌弘さんの姿に、スタジオでVTRを見ていた出演者一同は大号泣。ゲストの徳光は、「こんなハッピーエンドがよかったと思うドキュメンタリーはないね。どんな脚本家にも書けないドラマだなと思いました」と大絶賛し、眞鍋も、「これは(亡くなられた)お母さん喜んでますね、本当に。自分の愛する子どもたちが、64年ぶりにああやって仲良くしてるっていうのは、絶対嬉しいなって」とハンカチで涙を拭う。

番組では他にも、「線香花火の作り方を学びたい」という花火好きなアメリカ人男性のベンさんを日本に招待。90年以上の歴史を持つ線香花火の製造元を訪れたベンさんは、伝統的な線香花火の種類の多さと美しさに大感激。さらに門外不出の火薬の配合を教えてもらい、花火コンテスト常連の花火店が手掛ける打ち上げ花火も堪能する。

元気なワンちゃんや猫ちゃん、生まれたての赤ちゃんペットまで......かわいい映像が満載の「超かわいい映像連発!どうぶつピース!!」(毎週金曜 夜6時55分放送)。「ネットもテレ東」でも、かわいいペットのオリジナル動画を毎週配信中♪9月13日(金)に公開された第116弾(犬編)では、ミニチュアダックスフンドとミニチュアシュナウザーの"のんちゃん"が登場。好奇心旺盛でやんちゃな"のん"のちょっと変わった仲良しさんとは!? そのほか、"あること"をしてくれるお手伝い犬が登場します。のんちゃんのちょっ

ページトップへ
Twitter Facebook