小泉孝太郎の主演ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)が、7月19日よりスタートしたが、連続殺人鬼役で登場した中野裕太の演技が、話題になっている。インターネット上では、「ゼロ係、またヤバイキャラ出してきたな」「神沼の俳優さん誰?演技すごい」「ゼロ係の神沼(#中野裕太)さんどタイプすぎてしんどい…」と、いった声があがっていた。

同ドラマは、シリーズ4回目となる大人気シリーズで、初回は2時間SPで放送された。中野が演じたのは“吸血鬼”の異名で恐れられる連続殺人鬼・神沼洋。他人の声を一瞬でコピーし、手を触れずに人を操る術を持つなど、天才的な才覚を持ち合わせ、神沼という名前すら定かではないという。

第1話において神沼は、刑務所の中にいながらも、小泉演じる主人公・小早川冬彦を翻弄し、謎の存在として強烈な印象を残していた。また、刑務所の面会室にて、神沼が「チッ」と舌打ちをした途端、小早川刑事が突然目を見開き情報を喋り出した際には、「警視殿に余裕をなくさせる神沼洋最高ではないですか?」「ゼロ係がシリアスサスペンスに!どーしたいつもと違うじゃないか(;゚Д゚)! 」などとコメントが上がり、その展開に注目が集まった。

中野は近年、日本・ポルトガル・アメリカ合作映画『ポルトの恋人たち 時の記憶』や中国映画『男たちの挽歌2018』など主な活躍の場を海外に置いており、約3年ぶりの本国ドラマ出演。折り紙付きのその演技力で、神沼が持つ奇妙かつ圧倒的な雰囲気を演出している。

第1話から視聴者を釘付けにした神沼は、今後どんなことをしでかすのか。衝撃の悪役登場で進化を遂げた大人気シリーズ『警視庁ゼロ係〜生活安全課 なんでも相談室〜SEASON4』は、今期も注目の1作になりそうだ。

堀田真由が、3月24日(水)24時55分から放送されるドラマ『サロガシー』(フジテレビ ※関東ローカル)に主演することが決定。堀田にとってドラマ初主演で、ゲイである兄のために代理母として妊娠出産することを決意する主人公・江島環を演じる。堀田のほか、細田善彦、猪塚健太、松本若菜、斎藤工が出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook