反町隆史が主演を務めるドラマBiz『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京、毎週月曜22:00~※初回は21:00~2時間SP)が7月22日からスタート。18日に制作発表記者会見が行われ、反町をはじめ、小池栄子堀井新太和久井映見橋爪功が出席した。

現役弁護士・村松謙一氏の「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫/KADOKAWA刊)を原案に、倒産は人の「いのち」に関わる問題として、中小企業の会社再建に奮闘する弁護士の姿を描く。

村松氏と対面した際、気さくな人柄に驚いたという反町は「僕自身も納得していますし、いいドラマだと思う」と出来栄えに自信の表情。「村松先生がこのドラマを見てくださったときに“泣けたよ”とか“リアルだったよ”とか言ってくださることが正解だと思ってやってきた。先生が“感動できた”と言ってくださったので、自分としては満足している」と胸を張った。

第1話を鑑賞して涙が止まらなかったという小池は「誠実な反町さんが演じるからこそ説得力がある」とコメント。初共演となる反町の印象については「めっちゃカッコよかったです」と即答し、「ドラマが終わって、別れるのが嫌でしたね」と本音をポロリ。「ドラマの中では“ボス”と呼んでいるけど、永遠に私のボスは反町さん。役者の先輩として尊敬している」と語った。

一方、「神々しいオーラと、キラキラしたダンディスマイル」と反町を称した堀井は、「プライベートでも食事や釣りに連れて行ってくださって。一生付いていこうかなと思っています」とニッコリ。反町と『バージンロード』(フジテレビ系)以来、22年ぶりの共演となる和久井は「またご一緒できることが幸せ。反町さんはめっちゃカッコよくて、シュッとしていらして。自分もまた頑張らないといけないなと思った」と尊敬の眼差しを向け、橋爪も「笑顔が絶品」と称賛。次々と贈られる賛辞に、反町は「恥ずかしいですね」と照れ笑いを浮かべた。

また“諦めたくないこと”を聞かれた反町は、今作が膨大なセリフと難解な法律用語の闘いだったと打ち明け、「完璧に入れているつもりなのに、現場でフッと飛ぶ瞬間もあって。“先生ふだん、こんなに難しいことを喋っているんですか⁉”と言ったりしながら(笑)、ドラマのテーマでもある“絶対に諦めちゃいけない”という気持ちでやっていた」と撮影を振り返った。

かたや堀井は「裏テーマとして、橋爪功さんに認められたいというのがあって」と切り出し、「初日に緊張からミスをして謝りに行ったら、“何も思ってない。ざまあみろと思った”と言われて(笑)」と回顧。その悔しさを胸に撮影に挑んでいたといい、「最終日に“ありがとうございました”と言ったら、“この現場すごく楽しかった”と言っていただけた」と満足気。ところが小池から「俺のおかげみたいになってるけど、違うからね」と鋭いツッコミが。改めて小池が「堀井新太どうでした?」と尋ねると、「堀井って名前、知らなかった」という橋爪に会場は大笑い。すぐさま役名で呼んでいたからとフォローした橋爪が「是非、堀井くんを応援してあげてください」と笑顔で呼びかけると、堀井も「ありがとうございます」と嬉しそうだった。

なお制作発表には、原作者の村松氏も出席。「お金よりも、出会いやエネルギーを大切にしている村松先生のような方がいたら、みんな平和でいられるんじゃないかなという気持ちでいっぱい」と語った反町に対し、村松氏も「笑顔が一番の報酬。心から派生する言葉が出てくる弁護士を、反町さんが演じてくれている」とドラマの出来に太鼓判を押した。

会見終盤には、暑気払いとして反町と堀井がスイカを切って記者に配る場面も。うまく切り分けることができない堀井にキャストたちが爆笑するなど、最後まで和気藹々ムードだった。

ムロツヨシ、古田新太、田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第7話が、8月23日に放送。インターネット上では、目的のためならどんな手段も惜しまない竜崎組の組長を演じる田中の“演技の振り幅”に注目が集まった。

ページトップへ
Twitter Facebook