原田泰造三宅弘城磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が、7月19日からスタート。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化。サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれている。原田演じる伝説のサウナーの後を追って全国を旅するナカタアツロウが主人公で、キャスト、スタッフ共に自他ともに認めるサウナ好きが集結。前回は、小宮有紗荒井敦史山下真司荒川良々の出演が発表。さらに、サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

<ストーリー>
主人公・ナカタアツロウ(原田)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、ある日謎の男「蒸しZ」(宅麻伸)に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。偶然さん(三宅)やイケメン蒸し男(磯村)など個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。

“サウナ”とは? “ととのう”とは? その解を求め、今日もまた、サウナ旅を続けている……。

ページトップへ
Twitter Facebook