左から、磯村勇斗、原田泰造、三宅弘城

原田泰造三宅弘城磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演する7月クールのドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が7月19日スタート。この度、サウナの本場・フィンランド大使館より3人がフィンランドサウナアンバサダーに任命され、7月8日に、授与式・番組制作発表が行われた。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化。サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれる。原田演じる伝説のサウナーの後を追って全国を旅するナカタアツロウが主人公。三宅は「偶然、偶然!」が口ぐせの中年サラリーマンのサウナー・偶然さん、磯村はコンサル会社を経営する若手のサウナー・イケメン蒸し男を演じている。

この日は授与式ということで、3人はタキシード姿で登場。任命書をもらうと、「やりました‼︎」と各々に声を上げる3人。特に原田と三宅は、ドラマが決まる以前から、サウナーであったといい、「サウナが好きで、おじさんが普通にサウナに入ってるドラマを撮って、こんなことになりました」(原田)、「サウナが好きで良かったです。サウナの神様に感謝!」(三宅)と喜びを語った。また、「サ道」に出会ってサウナにハマったという磯村は「まだ、僕はピュアサウナー。これを機に若い世代にもサウナの魅力を届けたい」と意気込んだ。

作品の魅力を聞かれた原田は、「サウナのオーナーやサウナ好きの人が集まり歴史を語るときに“タナカカツキ前・タナカカツキ後”という言葉があるくらいに、ものすごく影響力のある漫画」と、「サ道」の魅力を力説した。

また、サウナでの印象的な出会いについて聞かれた3人。原田は、「ある日、サウナに行くと体から湯気が出てる人がいたんですよ。夜中3時くらいですよ? よく見ると三宅さんでした(笑)」と、プライベートでもサ道を究めている三宅の一面を語ると、三宅は、都内のサウナで、いろんな出会いがあったそうで「(本作で)蒸しZを演じている宅麻伸さん。その他にも、寺島進さん、白竜さんがいるとか……ちょっと強面の人が多いんですけど」と明かし笑わせた。

磯村は、あぐらをかき、釈迦ポーズをして微動だにしない男性を見かけたことがあるそうで、「これが真のサウナーなのかと(笑)。輝いていて、サウナを究めるとここまでになるんだなと知ったので、僕もそこまでになりたいなと思いました」とインパクトある出会いについて語った。

撮影時のエピソードについて、「サウナがテーマなので、基本的に皆さん裸。なるべく自然体で臨んでいただきたいと思っていた」と長島翔監督。裸のシーンが多いということで、「最初は気を使って前貼りを用意していたんですが、だんだん皆さん面倒くさくなったのか、やらなくなっちゃって。基本的に“出てる”状態。特に原田さんは自然体で臨まれていましたね」と撮影時のポロリエピソードを披露。さらに、もし映ってしまった場合は、モザイクやぼかしで処理するのだが、出演者たちの“自然体”の状態の量が多く、編集室ではみんなでチェックにあたっていたという苦労話も明かした。

ページトップへ
Twitter Facebook