北山宏光

Kis-My-Ft2北山宏光が、10月からスタートするドラマパラビ『ミリオンジョー』(テレビ東京系、毎週水曜25:35〜)でテレビ東京ドラマ初主演&初出演することが明らかになった。

原作・十口了至、漫画・市丸いろはによる、2013年にモーニング(講談社)で連載された同名漫画が原作。主人公は、最新巻の初版部数が500万部を超える国民的大ヒット漫画「ミリオンジョー」の担当をしているが、やる気ナシ、作品への愛情ナシの二流編集者・呉井聡市。「ミリオンジョー」を生み出すのは変人の漫画家・真加田恒夫で、連載中に突然、真加田が急死してしまう。熱狂的ファンが世界中にいる大人気作品「ミリオンジョー」を未完のまま終わらすことはできず、呉井は真加田が信頼していた作画チーフアシスタントの寺師良太を説得し、提案。真加田が残した“創作ノート”を頼りに、連載の継続を試みるが……。

北山は呉井を演じるのが、原作漫画を読んだ感想を「読み始めたらなんだこの展開? と手が止まらなくなり、一気読みしました。登場人物の絵のタッチ感、形がありそうでないなんとも言えない感じを果たして実写化した時にどのようになっていくのか、果たして自分はどのように演じられるかワクワクとドキドキしました」と興奮したという。

呉井は学生の頃、漫画に救われ漫画家を目指し、千道社の新人漫画賞を受賞するもオリジナリティが無いと評価され断念。千道社に就職して「週刊少年グローリー」の編集部に配属されると真加田の編集担当になるが、自分の才能の無さを認めたくない為、漫画家とは深い付き合いをしないようにしているという役どころだ。

呉井については、「夢を諦めてしまったからこそ、目の前の真加田の才能に目を向けず、逃げてしまっていました。ですが、真加田のあるきっかけで漫画への情熱が戻ってきます」と明かし、「その人が変わっていくさまをストーリーの中でどのように演じていくかポイントにしていきたいです」と演じる上での意気込みを明かす。

これから撮影がスタートするが、「見た人の心に何か残るような、また見た人が嫉妬するような作品にしていきたいです。そして、健康に気をつけて、作品への熱意と思いをぶつけられる現場にしたいです。テレ東の連ドラ・初出演、初主演です! 僕の事を知っている人も知らない人も作品に巻き込んで来週まで待てない! と言わせられるように頑張ります」と気合十分。「1回見始めたら、もう止まらないストーリーになっています。呉井が最後どうなっていくのか、見所満載です! ぜひ観てくださいね!」とアピールしている。

この作品を担当する、同局の松本拓プロデューサーは「『一度見出したら止まらない』月並みですが、このドラマは正にその言葉が当てはまると思います。個性的すぎる登場人物たちが、未だかつてないスリリングなサスペンスを繰り広げていきます。北山さんが自然体でありながら、情熱的で、さらにはクレイジーさを心に宿す、呉井聡市というキャラクターをどう演じるか、今からとても楽しみです。このドラマは期待を裏切らないはず。ご期待ください!」とコメントを寄せている。

BSテレ東では、2020年1月クールに放送予定。配信開始タイミングや方法は後日発表になるが、動画配信サービス「Paravi」での配信も予定されている。

ページトップへ
Twitter Facebook