ダリ「テトゥアンの大会戦」

シシド・カフカが、6月15日放送の『新美の巨人たち』(テレビ東京系、毎週土曜22:00~)に出演。20世紀のスペインの画家サルバドール・ダリが大作に込めた驚きのメッセージを解き明かしていく。また、テレビ初公開となるダリ作品(個人蔵)を紹介する。

同番組は、旅人=アートトラベラーが、毎回作品が展示されている美術館や建築物、ゆかりがある場所などへ足を運び、作品の秘密や、アーティストの人生に迫り、より豊かな美術鑑賞の旅へと視聴者を誘うもの。市川実日子がナレーターを務める。

奇才と呼ばれるアート界の巨匠ダリは、シュルレアリスムという芸術運動で名を馳せた画家。実はアジア最大規模のダリコレクションが福島県の美術館にある。今回は、大作「テトゥアンの大会戦」に注目。スペインとモロッコの戦争を描いた縦3m横4mの大作だが、よく見ると複雑で奇妙な世界……空を飛ぶ馬、巨大な女神に向かう刃。戦場にはダリとその妻ガラの姿も。さらに少し離れた場所から見ると、無数の数字が浮かび上がってくる。

描かれたモノから明らかになるダリの深い愛と哀しみの物語に、シシドが迫る。

さらに、近年日本で発見されたダリ作品も紹介。個人蔵のため場所は明らかにできないが、なんとテレビ初公開。一体どんな作品なのか、注目が集まる。

名門校はなぜ、長きに渡り名門校でい続けることができるのか...。歴史や校風、卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を通してその秘密に迫。MCに登坂淳一、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)、解説におおたとしまさを迎え、「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。今回紹介する名門校は、「神奈川県立横浜翠嵐高校」。わずか20年で東大合格者数を1人から26人にし、今や名門私立校に迫る勢いだ。昭和を代表するゲーム「ゼビウス」を開発し、ゲームの神様と称される遠藤雅伸さんや、歌人の水原

ページトップへ
Twitter Facebook