左から、小池栄子、堀井新太、橋爪功

反町隆史が主演のドラマ『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京系、7月スタート、毎週月曜22:00~)に、小池栄子堀井新太橋爪功が出演することが決定。さらに、第1話のゲストとして、石黒賢高橋ひとみ高嶋政宏が登場することもわかった。

原作は「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫/KADOKAWA刊)で、作者は、今も闘う現役の弁護士・村松謙一氏。村松氏の奮闘は、NHK『ザ・プロフェッショナル』でもとり上げられて、大きな反響を呼んだ。本作は、そんな村松氏をモデルに、実話からインスパイアされた熱いドラマが展開。反町は主人公の弁護士・村越誠一を演じる。

出演が決まった小池が演じるのは、台所事情がよろしくない村越法律事務所の経理として毒舌女子ながら、猫グッズ好きという可愛らしい一面を持つ永井茜。堀井は、弁護士を目指すも司法試験に失敗、それでも熱き情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカーの池田伸司、そして橋爪は、大手弁護士事務所の所長を務め、村越の師匠に当たる弁護士・米倉正臣を演じる。

一方、石黒は、第1話で魚市場の社長・山谷護を演じる。かつて140億円の売り上げを誇った魚市場の社長を務めるも、大手スーパーの参入後経営が悪化。金利の返済だけで首が回らなくなり村越に最後の望みを託す。そして高橋は、食堂の女将を務めながら、1人で全てを抱え込もうとする護を影で支える妻・千佳を、高嶋は、メインバンクの審査部として村越と対立し魚市場再建の為に奮闘する村越に楔を打ち込む佐々木原を演じる。

このほど、6人からコメントが到着。以下に紹介する。

<小池栄子 コメント>
今回演じる茜は、主人公村越の部下でありながら、何があっても村越を信じ、何があっても受け止める、母の様な存在でもあります。私も最後まで人を信じたいタイプなので、そういう所は似ているかなと思っています。扱うテーマが重たい分、茜と村越のやりとりでは、村越のチャーミングな部分が皆様に伝わればと思って演じさせて頂きました。熱いだけではない村越も必見です。主演の反町さんはとっても「ナイスガイ」な先輩です。真摯に作品に向き合っている姿や、現場で誰よりも声を出している姿からチームみんながパワーを頂いています。初めて共演させて頂きましたが、私はもうかなりのファンになっています。出演が決まった際、モデルとなる村松先生のドキュメンタリーを拝見しました。会社、そして命を救おうとギリギリまで立ち向かう村松先生の姿に、すごく感銘を受けました。この作品を通して多くの方に再建弁護士という存在を知って頂ければと思いました。このドラマが改めて命の大切さと、今一度自分を信じ、自分を愛してあげるきっかけとなれば嬉しいです。

<堀井新太 コメント>
池田伸司は僕なのではないか⁉ と思うくらい似ています。一生懸命過ぎて空回りしてしまう感じもそうですし、何でも熱い感じとか、とても共感します。若さを武器に、若さゆえの失敗、空回り、、、でも一生懸命だから職場の先輩もなんだか許してしまう愛されるキャラクターをイメージし演じさせていただきました。主演の反町さんとは今回初めて共演させて頂きました。圧倒的な存在感と物凄い神々しいオーラを感じましたし、現場では常に監督とアイデアを出し合い、より良い作品にしていこうと言う気持ちが人一倍強いストイックな印象です。そして、現場の士気を高めるため素敵な差入れを沢山してくださる、素晴らしい人です。大ファンになってしまいました。また、朝ドラ『マッサン』で姉弟役を演じて以来の競演となる、小池栄子さんとの軽妙なやり取りにもご注目ください。0.01%でも希望がある限り諦めないで戦う。この世の中に困っている人がいたら全力で助ける。本当に強い正義感と決意が詰まったこの作品に僕も自分の全てをぶつけて取り組んでいかなきゃと台本を読んで思いました。このドラマから人が再建するとは何か? を感じていただきたいと言うことと、何事も可能性があるなら諦めないという気持ちに、なっていただけたら嬉しい限りです。

<橋爪功 コメント>
今回のドラマは話の内容としては難しいと思うのですが、原作も良い作品ですし、難しいけどそれをどうドラマにするのかなというのはとても楽しみにしていました。重いテーマの作品ではあるのですが、自分の役はどちらかというと呑気なおじいちゃんだから、できれば明るい雰囲気を出せればと思っています。演じる米倉は村越の事が好きで、気に入っているというか本当に可愛がっています。見守っている時もあれば、自分が役に立てる時があるとわかると、時々ちょっかいを入れるという、なので気が楽といえば楽です。村越を演じる反町君とは以前も共演させて頂いていて、その時もかっこいいなと思ったけど今回もかっこいいよね。このドラマは話も含め新しい分野だと思います。知らないこともいっぱいありますし、見ていて飽きないんじゃないかと、いろんな意味で勉強になっています。面白いところに目を付けたなと思います。

<石黒賢 コメント>
今回の作品を通じて会社の再建を専門にやっている弁護士がいるということを知ったと同時に、台本には特に法的な部分が多く描かれていて、こういう方法で企業の再建の仕方があるのだと学びました。今作品で山谷護を演じるにあたって、僕が一番大事に思っていたのは、セリフにある「社員は家族なんです」という、実直で面倒見の良い中小企業の社長、自分の事よりも自分の社員のことを思う男、を心を込めて表現しました。また、会社を救うということは人を救うこと、という人情味あふれる弁護士を演じる反町君の奮闘ぶりも見て頂きたいです。自分で我慢をしたり、全てを引き受けて辛い思いをするというのは、ある意味日本人の美徳、いい点なのかもしれません。ましてや経営者は社員、社会、取引先、への責任があります。しかしながら、自分だけが我慢しなくても法的に助けてもらえることもあると。今回のビジネスを主題においたテレビ東京ならではのドラマになるに違いないと確信しています。

<高橋ひとみ コメント>
ここまで親身になって弁護士として弱い立場の人たちを救ってくれる弁護士さんがいらっしゃるのかと驚きました。また、それが実話に基づくお話であることにショックを受けました。私が演じる、市場の食堂のおばちゃんでもある千佳は従業員や地域の人々から慕われている明るい元気な人である事と、夫である山谷がもう一度この妻とやり直そうと思える人柄でありたいと思い撮影に臨みました。第1話の撮影場所がほとんど網代だったせいか海を見ながらの撮影が楽しかった事と、網代の方々の優しさに感激しました。それと、やはり人と人との繋がり、人を思いやる事の大切さを思いました。それにはいざとなったら助けてもらえる人でありたいなと思いました。諦めなければどんな事でも希望が持てることを教えてくれる明日への勇気が湧いてくる、そして見終わった時にスカッとするドラマです。とても勉強になります!

<高嶋政宏 コメント>
今回のドラマは『ハラスメントゲーム』のチームからのオファーだったので単純に嬉しかったですね〜。また御一緒出来るんだ! と。役どころについてはバブルの頃、投資信託やら株やらで付き合いのあった銀行員をやれるというのがむちゃくちゃ感慨深いですね。とにかくすったもんだ山ほどありましたから。監督とも話したんですが、リアルにやりすぎると観客に飽きられるので登場感などなど全体的にエンターテインメントに演りました。このドラマはなんと言っても反町さんの弁護士の成り切り度が素晴らしい。初日にロケ現場に入った時、そこにもう村越弁護士が立っていましたから。再建に命をかける弁護士vs数字主義の銀行。かつてない社会派エンターテインメントドラマが完成しました。見応えのある男祭りのドラマ、是非お楽しみください!

<第1話あらすじ>
村越誠一(反町)は中小企業を倒産の危機から救う再建弁護士。ある日、永井茜(小池)、池田伸司(堀井)と営む村越の小さな事務所に、網代中央水産・山谷社長(石黒)から依頼が舞い込む。命に係わる案件だと直感した村越は山谷のもとへ。

かつては140億円の売り上げを誇った魚市場も、大手スーパーの地方参入で経営が悪化し、金利の返済だけで首が回らない瀕死の状態に陥っていた。ひとり思い悩む山谷に村越は、再建に活路を見出す“禁じ手”を提案する。

人気ドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、11月2日から放送がスタート。このたび主演の田中圭演じる“はるたん”こと、春田創一を取り巻く3人の男性(吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸)との“ラブシーン”写真が公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook