堀部圭亮、山田キヌヲ、猪塚健太

注目俳優の猪塚健太が、5月24日に放送される上川隆也主演のドラマ『執事 西園寺の名推理2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話に出演。猪塚は、大物実業家で雫石家当主・雫石幸造の親族、幸太郎役で登場するが、上川演じるパーフェクトな執事・西園寺から、殺人の容疑者として疑いの目を向けられる。予告動画では「犯人はこの中にいます」という西園寺のセリフで“全員、容疑者”というテロップが流れる中に、幸太郎の顔が映し出され……。犯人は誰なのか!?

『執事 西園寺の名推理』シリーズは、パーフェクトな執事・西園寺(上川)と、彼が忠誠を誓う可憐な奥様・伊集院百合子(吉行和子)との素敵な関係が人気を博したミステリー・エンターテインメント。第2弾となる今回も、「お願い、西園寺」でお馴染みの奥様と西園寺の絆は健在。奥様の願いを叶えるために、西園寺が自身の能力を駆使して、様々な事件を解決していく。

<あらすじ>
ある日、西園(上川)と百合子(吉行)は大物実業家・雫石幸造(山本龍二)と三日月家の当主・弥生(黒川芽以)の婚約披露パーティーに参加。古物商で鑑定人の田村陽平(八十田勇一)、テレビで活躍している弁護士・藤倉健介(村杉蝉之介)や経営アドバイザーの町村雪乃(山田キヌヲ)らと、招待客は著名人ばかりで、新人フットマンの松本松五郎(森永悠希)は大興奮。大広間にはアンティークのクロスボウが展示され、鑑定人の田村も高く評価する逸品で招待客の注目を集めていた。

山奥で携帯電話も通じないこの別荘は、実は元々三日月家のものだったという。悪天候から強風が窓ガラスを叩き雷鳴が聞こえ始めると「三日月家の先代・三日月正隆の霊が出る」と田村が話し、幸造の秘書・沢渡昇一(堀部圭亮)は怯える松五郎を「ただの噂だ」と笑顔で諭す。幸造と弥生に招待客たちは祝福の言葉をかけるが、弥生は浮かない様子で、亡き父・正隆(長谷川公彦)のことが話題になると険しい表情を見せた。

やがて嵐が強まり停電になってしまう。2階の暗がりから幸造のステッキの音が近づくと、使用人が復旧を急ぐことを告げた。一方、百合子も部屋で寛いでいると、激しい風音の中から不気味な低い声で「……ホワイト」「……ナイト」という声が聞こえてくる。そんな中、幸造の叫び声が屋敷に響いた! 幸造が密室で殺害され、弥生が疑われてしまう。嵐で外部と連絡ができない中、西園寺が驚きの通信手段を駆使し、真相を解明する!

女優の藤山直美が、2020年1月に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画 新春ドラマスペシャル『最後のオンナ』(テレビ東京系)で、主演を務めることがわかった。藤山は、スナック「ビーナス」のママ・山田美奈子役で登場する。

ページトップへ
Twitter Facebook