西島秀俊内野聖陽がW主演を務める『ドラマ24 きのう何食べた?』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第6話が5月10日に放送。インターネット上は、磯村勇斗演じる“ジルベール”こと井上航の登場を喜ぶ声であふれた。

よしながふみの同名漫画をドラマ化した本作。男性カップルの日々の食卓を描く。雇われ弁護士の筧史朗(西島)と美容師の矢吹賢二(内野)は同棲中。賢二は周囲に自分の恋愛対象が男であるとカミングアウトしているが、史朗はそれを隠して生活している。

偶然出会ったゲイの小日向大策(山本耕史)からしつこく食事に誘われていた史朗。いざ2人で食事をしていると、同棲中の相手・井上航(磯村)が、ワガママすぎるとし「限界」と愚痴をこぼしてきた。「筧さんにはすんなりと愚痴が言えた」と語る小日向に「マズイ。俺の事を口説こうとしている」と困惑する史朗。しかし、蓋を開けると小日向が食事に誘ったのは、航を紹介するためであり、史朗の取り越し苦労だったことが発覚。浮気するつもりはないものの、小日向がタイプだっただけに、史朗1人がモヤモヤする形となった。

また、史朗の職場に司法修習生・長森夕未(真魚)がやって来る。彼女は真面目で一生懸命なのだが、行動を共にしていくうちに、史朗に対する目がキラキラしたものになっていく。史朗自身も「しまった。俺のこの飾らない感じに好感を持ってしまったのか?」と思い始める始末。

その後も、彼女を前に相談者へ親身になって接する姿を見せてしまったり、2人でランチを食べる時に仕事論を語ったり、知らず知らず彼女に自身の魅力をアピールしてしまう。そんな史朗に対して夕未は「先生、素敵です!」と目を輝かせる。史朗は「こんなこと言っちゃう40半ばの弁護士、もしかしてお好みでしたか?」、「でもそれは困る。こんなカワイイ子、彼氏がいるはずだ。いてくれ……」と心の中でつぶやき、夕未に「彼氏いるの?」と思わず質問。しかし、史朗の言葉を聞いた瞬間、彼女の顔は曇り、史朗は後日「セクハラになる」と上司から軽く注意を受けてしまう。

ネットでは、西島の演技について「自意識過剰っぷりといい、笑いこらえるの大変だった」という声が。また、第6話にしてようやく登場した“ジルベール”こと航に対するコメントが殺到。航が着ていたダサかわいい(?)針ネズミTシャツはTwitterにトレンド入りするほどで「グッズ化されそう」というコメントもあった。

なお、次回予告では西島、内野、山本、磯村の4ショットが実現。「かわいいの渋滞」と早くも期待している視聴者もいた。

元モーニング娘。の鞘師里保が、12月4日に放送された南海キャンディーズ・山里亮太原作、仲野太賀主演のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~ ※一部地域を除く)の第10話にヒロインとして登場。インターネット上では、感動の物語と鞘師のナチュラルな演技に絶賛の声が殺到した(以下ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook