鈴木浩介が主演を務める「ドラマパラビ」の第三弾『癒されたい男』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第6話が、5月15日に放送。渡辺舞が扮する白衣の天使や、森咲智美が扮するインテリメガネをかけた網タイツの女医が登場する。

月島冬二の同名コミック(日本文芸社)を原作とした本作の主人公は、トイレメーカー勤務の中年サラリーマン・秋山寛(鈴木)。日々ストレスを抱える秋山の“癒し”は、街で出会った美女たちで、ちょっとHな独自の妄想を繰り広げること。お気に入りの美女たちに、「昭和系団地妻 人妻ムレ子 推定34歳」などと、設定や勝手にあだ名を付け、衣服越しの肉体を観察し、下着の色(願望)までも想像してしまう。その想像力は、まさに中学生並みのピュアなスケベ! そして考えている内容は愛すべきくだらなさ! 毎話、様々なタイプの美女たちに癒されること間違いなし!?

同ドラマには、宇野実彩子AAA)が、秋山のクールな部下・壇ノ浦リサ(だんのうらりさ)役で出演。高崎翔太が、リア充で前向きな明るいおバカの部下・桶狭間秀人(おけはざまひでと)役を。半海一晃が、背は低いがプライドが高く自分にできない事を部下に押し付ける営業課の部長・鴻池太郎(こうのいけたろう)役を演じる。

<第6話あらすじ>
課長補佐の秋山(鈴木)は、日々ストレスを抱えていた。ある日秋山は、健康診断の再検査の為、会社指定の病院に行くことに。なぜか指定病院は女性だらけの産婦人科だった。そこで出会った、白衣の天使・純白萌子(渡辺)とインテリメガネの網タイツの女医・網目ハク子(森咲)に妄想は膨らみ癒される秋山だったが、同じ会社の社員が、健康診断で妊娠が発覚したことを耳にする。

思い当たる節がある秋山は、妊娠は、部下の壇ノ浦(宇野)ではないかと心配するあまり、妄想が止まらなくなってしまい……。

累計発行部数500万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画を、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演でドラマ化した『きのう何食べた?』。2019年4月クールにテレビ東京系列にて放送されるや、Twitterの世界トレンド1位となり、さらに見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超えてテレビ東京の歴代最高記録を次々と更新。そして既報の通り、劇場版「きのう何食べた?」は2021年全国東宝系にて公開予定です。「来年の公開まで待ちきれない!」そんな視聴者の皆様の声を受け、なんと、シロさんの実用的な「

ページトップへ
Twitter Facebook