鈴木浩介が主演を務める「ドラマパラビ」の第三弾『癒されたい男』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第5話が、5月8日に放送。倉持由香が扮する昭和のエロさを感じさせる店員や、橋本梨菜が扮するわがままBODYの平成ギャルが登場する。

月島冬二の同名コミック(日本文芸社)を原作とした本作の主人公は、トイレメーカー勤務の中年サラリーマン・秋山寛(鈴木)。日々ストレスを抱える秋山の“癒し”は、街で出会った美女たちで、ちょっとHな独自の妄想を繰り広げること。お気に入りの美女たちに、「昭和系団地妻 人妻ムレ子 推定34歳」などと、設定や勝手にあだ名を付け、衣服越しの肉体を観察し、下着の色(願望)までも想像してしまう。その想像力は、まさに中学生並みのピュアなスケベ! そして考えている内容は愛すべきくだらなさ! 毎話、様々なタイプの美女たちに癒されること間違いなし!?

同ドラマには、宇野実彩子AAA)が、秋山のクールな部下・壇ノ浦リサ(だんのうらりさ)役で出演。高崎翔太が、リア充で前向きな明るいおバカの部下・桶狭間秀人(おけはざまひでと)役を。半海一晃が、背は低いがプライドが高く自分にできない事を部下に押し付ける営業課の部長・鴻池太郎(こうのいけたろう)役を演じる。

<第5話あらすじ>
2019年5月1日、新元号初日の日、10連休だというのに何も予定のない秋山(鈴木)は、癒しを求め偶然見つけたレトロな喫茶店に入ることに。そこにいたのは、アンニュイな昭和のエロさを感じさせる店員・昭和カオル子(倉持)。タイトスカートに豊満なヒップの彼女に釘付けになる秋山。店内を見渡すと、カオル子と正反対のわがままBODYの平成ギャル・渋谷ナウ子(橋本)もいて……。

時代を超えたタイプの違う美女を前に秋山の妄想はエスカレートする!?

次回 2月28日(日)よる10時30分 第7話が放送の日本テレビ系「君と世界が終わる日に」。本日、竹内涼真、笠松将、キム・ジェヒョン、浅香航大ら男性陣を中心にこれまでの戦闘シーンや胸が締め付けられるような切ないシーンをまとめた「守ってあげたい男子動画」を公開。

ページトップへ
Twitter Facebook