5月7日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)に、離婚で無一文になった依頼人が「骨董好きだった父が遺したお宝」を持ってが登場。はたして鑑定結果は?

同番組は、依頼を受けた「お宝」の歴史的・資料的・金銭的価値を鑑定すると同時に、その「お宝」に対する人々の思いなどを伝えるバラエティ。今回は、40年連れ添った妻と離婚したが、全く貯金していなかったため、現在無一文という男性が登場。

お宝は大の骨董好きだった父が遺したもの。妻と離婚し、財産を調べたところ、妻が全く貯金をしていなかったことが判明。収入の殆どを妻に渡しており、現在無一文の状態だという。30年前に父からお宝を受け継ぎ、これまでずっと大事に保管してきたが、「これからの人生のため、売って生活費の足しにしたい」と意を決して鑑定を依頼。どんなお宝が登場するのか注目が集まる。

教科書を深読みしたら、教科書はもっと面白くなる!2月28日(日)夜6時30分から「教科書で一番笑わせられる人決定戦 楽しく学べる!最強教科書クイズ」を放送! テレ東のゴールデンタイムでは珍しい(?)異色のクイズ番組のMCを、今田耕司、小杉竜一、テレ東初MCの芦田愛菜が務める。ただのクイズ番組ではなく、教科書を題材にした問題に対し、大喜利で笑いを取らないと解答権が得られないルールで、教科書を「楽しみながら深掘り」。解答者は、「笑わせ担当」2人と、クイズが得意な「インテリ」1人、3人1チームとなって

ページトップへ
Twitter Facebook