4月11日からスタートする短編アニメ『テレビ野郎 ナナーナ わくわく洞窟ランド』(テレビ東京系、毎週木曜19:53~)に、石坂浩二井森美幸藤波辰爾杉本哲太が参加。さらに、声優の玄田哲章中尾隆聖樫井笙人花江夏樹も参加することが決定した。

『テレビ野郎 ナナーナ』は、アニメ『The World of GOLDEN EGGS』や、ディズニー「キュービックマウスシリーズ」などで知られるCGアニメクリエイター・文原聡が手がけるオリジナルアニメ。シーズン2となる『わくわく洞窟ランド』は、貧乏テレビ局が大手動画配信会社に買収されるという、衝撃の内容。高視聴率をとれない部署はリストラされることになり、撮影クルーは起死回生の大型企画に挑む。それが「江戸時代の埋蔵金を発掘して、その一部始終を番組にする」というもの。かつて大手テレビ局が莫大な予算をかけて見つけられなかった埋蔵金を求めて、撮影クルーが地底世界を探検するアドベンチャーコメディだ。主人公のディレクター七岡の声をビビる大木、カメラマン七森の声を温水洋一、AD七山の声をつぶやきシローが演じる。

石坂が演じるのは大物俳優の七坂浩二。30年前に大手テレビ局で制作された埋蔵金発掘番組に出演していたが、番組終了後も相棒と2人で発掘作業を継続しているという役どころ。石坂は「この痛快メンバーが私の往年の発掘現場に現れるとは……!? まったく本当にユカイ・ツーカイ・ホッキガイ……チガウチガウ……ビビル、ヌクヌク、ツブシロー君達は間違っているぞ。この発掘現場はもう古い。今、私は次なる現場で君達をまってるぞ。ここに埋蔵金があるって。じゃ、やっぱりこっちへむかって掘るとするかナ」とコメント。

アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えや「ドカベン」の岩鬼役などで知られるベテラン声優の玄田は、本作で「テレビナナーナ」の強面プロデューサー七口(ボス)を演じる。七口は、禁断の企画「バナ川埋蔵金大発掘」を低予算で制作するようスタッフに命ずる。玄田は「埋蔵金発掘って……資金たっぷりの某局でさえ残念な結果に終わった難題にヤツらはどう挑戦するのか……。例の3人が熱く、ゆるーく、グダグダと頑張る姿をお楽しみください」と呼びかけている。

なお、井森はオーディションで免許を皆伝されたばかりの新人くノ一・シチ子、藤波はプロレスラーのフジナミ辰爾、中尾はコウモリ王子・デーモン様、樫井はナナゾン社の幹部、花江は第5代カラクリ将軍・バナ川綱吉を演じる。そして、杉本はナレーションを担当する。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』が12月24日(金)より全国公開されることを記念して、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」ほかにてTVアニメシリーズ『呪術廻戦』(MBS)が全話無料配信されることが決定。12月1日(水)より毎日1話ずつ配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook