乃木坂46山下美月萩原利久がW主演を務める『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)が、4月11日からスタートする。山下は、“悪のビデオガール・神尾マイ”を、萩原は、都内の私立高校に通う高校生・叶野健人を演じる。

原作は「週刊少年ジャンプ」の黄金期を支えた作家、桂正和の代表作「電影少女」。2018年1月期に時代設定を現代に移し替え、原作の続編、2018年リブート版「電影少女」として連続ドラマ化。元乃木坂46の西野七瀬が、“ビデオガール・天野アイ”を熱演。シリーズ2作目となる本作はマイと、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。

前作の恋愛ストーリーを根底から覆すダークファンタジー的な内容で、ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従う“ビデオガール・マイ”。その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく、彼女の真の目的とは!?

今回桂は、自らマイの衣装をデザイン。さらに、総監督の関和亮がスチール撮影やクリエティブディレクションを行うなど、一流スタッフが全力でダークなビデオガール・マイの世界観を表現している。ドラマ公式サイトの予告編のラストには、山本演じるマイが「あなたのためなら何でもする……」と意味深な言葉を投げかけ微笑んでいる。

<あらすじ>
叶野健人(萩原)の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた……。ある日、健人の幼馴染だった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥)は、放送室から『神尾マイ(山下)「元気を出して」』というVHSを発見する。

毎週金曜深夜0:12からテレビ東京系で放送中、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信中の佐藤二朗主演ドラマ『浦安鉄筋家族』。原作は浜岡賢次の同名漫画で、佐藤の他、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、キノスケ、坂田利夫らが演じる千葉・浦安に住むハチャメチャな家族"大沢木家"のドタバタな日常を描いている。今回、大沢木家のパワフルな順子ママを演じる水野にインタビューし、ドラマの魅力や印象に...

ページトップへ
Twitter Facebook