シーンカット

3月29日の放送の第12話で最終回を迎えるドラマ24『フルーツ宅配便』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)。仲里依紗が演じるデリヘル嬢のえみの入店で、売り上げが上がり、喜ぶ「フルーツ宅配便」の面々。しかし突然、音尾琢真演じる刑事が現れ……。

本作は、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名コミックを原作としたヒューマンドラマ。子供の学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘル「フルーツ宅配便」で働くワケあり女子の人間模様が、主演・濱田岳演じるデリヘルの雇われ店長・咲田真一の目線を通して描かれてきた。最終回、濱田をはじめ、お店の女の子たちの運命は?

<第12話>
えみ(仲)の入店で、売り上げが上がり、喜ぶ咲田(濱田)やミスジ(松尾スズキ)。しかし、突然、刑事の八神(音尾)が現れ、違法営業の摘発でフルーツ宅配便は営業停止、ミスジは連行される。

そんな時、咲田は元上司から「東京で仕事しないか」と誘われ悩む。摘発の裏にはミスジを敵対視する沢田(田中哲司)の影が……。さらに、えみが拉致され、行方不明に! 咲田はえみやフルーツ宅配便を救えるのか!?

ページトップへ
Twitter Facebook