野波麻帆が、遠藤憲一主演ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第十一湯に登場。遠藤演じる男仲居のケンさんが野波を後ろから羽交い絞め(!?)して、制しているかの場面写真が到着。一体何があったのか?

同ドラマは、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ「ドラマパラビ」の第2弾で、人気プロデューサー阿部真士とタッグを組み、虚実入り混じった形の、全く新しい密着温泉ドキュメンタリー。遠藤は、素性を隠し「中井田健一」と名乗り、<日本各地の名湯・秘湯>で“さすらいの男仲居”として働く役(?)どころ。風光明媚な景観、歴史と文化の香る宿建築、情緒ある湯の数々、そして温泉地だからこそ交差する人生。様々な人情に触れ、明日を生きる力を得る姿が密着温泉ドキュメンタリードラマとして描かれる。

そして、毎回登場する“湯けむり美女”たちも見どころの一つとなっている。

<第十一湯あらすじ>「養老渓谷温泉~家族の絆~」
中井田(遠藤)は養老渓谷温泉の「もちの木」で働き始める。そこに、何か思い詰めたような真歩(野波)が一人で宿泊していた。中井田は真歩が泊まっている経緯を知ろうと近づく。真歩はこの地で、亡くなった猟師の祖父に育てられたと打ち明ける。だが、中井田は真歩がまだ何かを隠していると感じていた。そこへ、謎の老人(不破万作)が現れ、真歩が1年前に6歳の息子を亡くしたと中井田に伝える。

Plus Paraviが注目する人物にフィーチャーする「オシダン!plus」。今回は10月23日(金)22:00からTBS系で放送開始する金曜ドラマ『恋する母たち』に出演する奥平大兼の素顔に迫る。本作は迷える母たちの恋愛と友情を描いた柴門ふみによる同名の人気作品を大石静の脚本でドラマ化。夫と一人息子と何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然夫が失踪し、息子をシングルマザーとして育て、この春有名進...

ページトップへ
Twitter Facebook