森川葵が、3月22日に放送される光石研主演ドラマ『デザイナー渋井直人の休日』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第10話「渋井直人の窮地」に出演する。森川は、風船を持った少女・新井役で、光石演じる渋井直人の事務所に、アシスタントの面接にやってくるのだが……。

同ドラマは、漫画家・渋谷直角の同名最新コミックが原作で、主人公の渋井は個人事務所をもつおしゃれデザイナー。彼は、休日にはおしゃれな格好で街に繰り出し、レコード屋に訪れたり、カフェでまったりくつろいだりと、自由を満喫。女の子からも受けがよく、こだわりのものに彩られてスマートに生きている……ように見えるが、女性編集者、美大生、シンガーソングライター、インスタで知り合った女の子など、次々に現れるヒロインたちには玉砕してばかり。大御所イラストレーターには怒鳴られ、同世代のライバルには嫉妬したりと、冴えない場面も数多い。そんな渋井の織りなす、クスッと笑いながらも応援したくなるような日常の物語が展開していく。

<第10話あらすじ>
渋井のデザイナー事務所では、アシスタントを募集中。その面接に、3つの風船を持った新井(森川)が現れた。風船は精神安定剤で、本名ではなく“アレグリ”と呼んで欲しいと言う。また、仕事が忙しく、付き合いたての三浦カモメ(黒木)とも会う時間が取れない渋井……。

そんな中事務所内で窃盗騒ぎが勃発! さらに癇癪を起すモード内田(ベンガル)に、決まっていた大きな仕事の担当者から不穏な呼び出しが……どうなる渋井!?

生田斗真が主演を務めるドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第2話が、1月23日に放送。インターネット上では、生田演じる圭祐とスキンヘッド男の戦いに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook