職人たち

世界の困っている人を日本の職人の技術で救うシリーズ『ニッポンの技で世界を修理 世界!職人ワゴン』(テレビ東京系)が、3月15日(金)19時より放送される。第5弾となる今回は、ヨーロッパ最貧国といわれるモルドバへ向かう。

2017年3月から放送を重ね、前回のドイツでは地元メディアも密着し取り上げられた本番組。ストーリー・テラーは前回に引き続き、小泉孝太郎が務める。

今回訪れるモルドバの首都・キシナウでは、廃墟のような子供病院を大修理する。凍結して病院に入る前に転倒の恐れがある入り口や、待機場所となっている寒く薄暗い廊下に修理を施す。また、来た人が迷わないための案内版や、待っている間も楽しめる子供のスペースといった、子供にやさしい病院へと生まれ変わらせる。子供が病院へ行きたくなり、元気になれる「仕掛け」とは?

そして、職人ワゴンはキシナウから1時間ほどの村の老人ホームへ移動。ここに入居している方々は身寄りがなく、老人ホームこそが終の棲家となる。そんな老人ホームを覗いてみると、老朽化が進み、不便で薄暗く、そこにいる方々の笑顔は消えてしまっていた。そこで、職人たちは笑顔に包まれた老人ホームにするべく共有スペースやお部屋、通路を修理する。ここでも日本の職人技がキラリ! その他、暖房が壊れてしまい寒いため閉鎖中の幼稚園など、今回も職人の技で困っている人たちを次々と笑顔にしていく。

番組プロデューサーの内田久善は、「本編の完成を終えて、本当に日本の職人の技、そして、アイディアは素晴らしいと感服しています。老人ホームのある部屋に段差があり、そのため足の不自由な方は部屋から出られない……その悪環境をどう直すのか? と思っていたところ、その方法は我々の推測を超えていました。そして、毎回、感じますが、職人たちは本当に人々の事を想い修理をしてくれています。なんの見返りも求めず極寒の中、作業をしてもらいプロデューサーとして本当に感謝しています。そんな職人たちの技と熱い思いを是非、皆さんにも感じて頂きたく思います」とアピールした。

世界的なファッショニスタとして知られるお笑い芸人の渡辺直美が、ファッションインフルエンサーの最前線をナビゲートする『渡辺直美のナオミーツ』(BSプレミアム、毎週木曜23:00~)。6月20日放送は、渡辺がロシアのアーティスト、エレン・シェイドリンとアート写真でコラボする。

ページトップへ
Twitter Facebook