乃木坂46山下美月萩原利久がW主演するドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系、4月11日からスタート、毎週木曜25:00~)に、TEAM NACS戸次重幸武田玲奈が出演することがわかった。

原作は「週刊少年ジャンプ」の黄金期を支えた作家、桂正和の代表作「電影少女」。2018年1月期に時代設定を現代に移し替え、原作の続編、2018年リブート版「電影少女」として連続ドラマ化。元乃木坂46の西野七瀬が、“ビデオガール・天野アイ”を熱演した。シリーズ2作目となる本作は、“悪のビデオガール・神尾マイ”(山下)と、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。前作の恋愛ストーリーを根底から覆すダークファンタジー的な内容で、ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従う“ビデオガール・マイ”。その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく、彼女の真の目的とは!?

戸次は、原作漫画の主人公でもあり、前作にも登場した弄内洋太役を続投。武田は、叶野健人(萩原)のクラスに転校してくる現役女子高生モデル・朝川由那(通称:カワユナ)を演じる。

今回の決定に戸次は、「前作からのキャラクターの中で私の演じた弄内洋太は今回もそのまま登場するという……。つまり、ほぼ本シリーズが初演の方に囲まれた中で私は“電影少女先輩”なわけです。思いっきり先輩風吹かせたいと思います(笑)。まあ、というのは冗談で、打ち上げでまた原作の桂正和先生にお会いした時、恥ずかしくない芝居をしたいと思います」とコメント。

武田は、「この作品に出演させて頂き、とても嬉しく思います! オリジナルキャラクターとなるので、監督と相談しながらキャラクターを作りあげていくのが今からとても楽しみです。原作ファンだけではなく、多くの方々にも喜んで頂けるよう、全力を尽くしていきたいと思います。よろしくお願いします!」と意気込みを見せた。

由那と洋太の存在がマイと健人にどう影響してくるのか、注目が集まる。

山口紗弥加主演のドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の第3話が12月2日に放送。インターネット上では、山口演じる松本チアキが抱える心の葛藤について「あるあるだよね~」と盛り上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook