黒木華、光石研

3月15日に放送される光石研主演ドラマ『デザイナー渋井直人の休日』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第9話「渋井直人の彼女」は前回に引き続き黒木華がヒロイン・三浦カモメ役で出演。光石演じる主人公・渋井直人(52歳、独身)は、焼鳥屋でカモメとデートを……。

同ドラマは、漫画家・渋谷直角の同名最新コミックが原作で、主人公の渋井は個人事務所をもつおしゃれデザイナー。彼は、休日にはおしゃれな格好で街に繰り出し、レコード屋に訪れたり、カフェでまったりくつろいだりと、自由を満喫。女の子からも受けがよく、こだわりのものに彩られてスマートに生きている……ように見えるが、女性編集者、美大生、シンガーソングライター、インスタで知り合った女の子など、次々に現れるヒロインたちには玉砕してばかり。大御所イラストレーターには怒鳴られ、同世代のライバルには嫉妬したりと、冴えない場面も数多い。そんな渋井の織りなす、クスッと笑いながらも応援したくなるような日常の物語が展開していく。

<第9話あらすじ>
渋井は、焼鳥屋でカモメ(黒木)とデートの帰り、ついに告白を決意!? 彼女に気持ちを伝えることはできるのか?

さらに、募集していたアシスタントに24歳女性から応募が! ところが、面接に来たのはモード内田(ベンガル)というおじさんだった……。内田は渋井よりも一回りも年上で、超大御所のデザイナーだが、偏屈でパソコンのソフトも使えない。即戦力にならない内田を断ろうとするも……。

10月10日(木)深夜1時からスタートしたテレビ東京の新ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。ドラマでは山田杏奈、大友花恋がW主演を務める。原作は『月刊コミック電撃大王』で連載する人気コミック。親の再婚で突然姉妹となった女子高生2人が、料理を通じて絆を深めていく物語だ。実写化が発表された8月にはTwitterのトレンド入りするなど、ファンの期待も高く、ドラマ第1話も話題を呼んだ。主役の姉妹の一人「サチ」を演じるのは、2018年の映画「ミスミソウ」で初主演を果たし、数々の映画やドラマに出演する期待の若

ページトップへ
Twitter Facebook