大ヒット映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督に、コンペで勝ったことがあるという男性が、3月13日に放送される『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系、毎週水曜21:00~)に登場する。

終電を逃した人にタクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」と頼み、その人の自宅について行く“完全素人ガチバラティ”。ビビる大木矢作兼おぎやはぎ)らが司会を務める。今回は、ゲストにナイツ関根麻里を迎える。

スタッフが東京・飯田橋でキャッチしたのは、映像ひとすじの20代男性。なんと『カメラを止めるな!』の上田監督にコンペで勝ったことがあるという。映画主演、映画監督、ドラマ監督もこなす、マルチな才能を持っているのに○○。いったいどういうことなのか?

そして、東京・大泉学園では、37歳で弁護士になった50代男性と出会う。つぎはぎズボン、ビリビリパンツ、時計を接着剤で修理!? 家族で家賃52000円のアパートに住むワケは? また、東京・上野では、2年前にポケモンに激ハマりした20代美女が登場。彼女に家について行くと、そこはまるで博物館! 1000体以上のピカチュウがいる家だった。

歴史や校風、卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を通してその秘密に迫る「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東 毎週日曜夜9時放送)。MCに登坂淳一、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)、解説におおたとしまさを迎え、「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。今回の名門校は、群馬県内でトップレベルを誇る「県立高崎高等学校」。総理大臣を2人も輩出した名門校の秘密に迫る。群馬県内最大の都市・高崎市が誇る名門「群馬県立高崎高校」、通称「高高」。明治30年に「群馬県尋

ページトップへ
Twitter Facebook