3月5日(火)18時55分より長嶋一茂石原良純がMCを務める『隣のトラブルモンスター』(テレビ東京系)が放送される。

“バイトテロ”や“ハラスメント”が問題となっている昨今、番組では、実際にあった身近なトラブルの数々を実際の映像や再現ドラマで紹介。また芸能人ならではのご近所トラブルなど、身の周りのトラブルエピソードを語り合う。ゲストは、名倉潤蛭子能収カズレーザー森泉青木愛

この日、「モンスター客&店員」や「高学歴モンスター」などさまざまなモンスターが登場。アルバイトを格付けし、Cランクの人にオムツを履かせて働かせた「モンスター上司」や街の人からの「臭い上司にどう対処したらよいか」というお悩みを受けて、スタジオでは解決策を討論することに。出演者全員で出した理想の解決策とは? さらに、難関中学校に合格した同級生の親になりすました「モンスターママ」から、運動会でビデオ判定を要求した仰天ママなど、我が子を思う気持ちから信じがたいモンスターに変身したママたちを紹介。そのほか、「世界のトラブルモンスター」「モンスターご近所さん」「モンスターを撃退したタクシー運転手」などのエピソードが登場する。

名倉は、モンスターたちのマナー違反の映像を受け、芸能人であるにもかかわらず、きちんとマナー違反を注意する派であることを明言。それに感心した一茂だが、「俺は絶対に注意しない!」と意外にも見て見ぬふりをするタイプだと明かす。理由は「理性が吹っ飛ぶから。(注意して反発されたら)手が出ちゃうから」と、自らの気質を理解した上でのトラブル回避法を披露。

また、芸能人ならではのご近所トラブルでは、一茂も名倉もそろって自分の家の〇〇がうるさいことを挙げ、ご近所に配慮していると話す。また、「飲み会の席で“無礼講”と言う上司・先輩は絶対にダメ」という話から、良純は渡哲也のいい先輩っぷりを披露。さらに一茂は、襲撃をもくろむモンスターから逃げ切った父・長嶋茂雄の武勇伝も語る。

その他、良純が階下の人から受けたクレームや、蛭子のトラブル回避法、カズレーザーのモンスター先輩から、マイルのため方も知らない森、青木の帰宅途中の恐怖の出来事まで、スタジオは出演者たちの具体的なエピソードで大盛り上がりに。

収録を終えた一茂と良純のコメントが到着。以下に紹介する。

――番組の見どころをお聞かせ下さい。 

一茂:スタジオでみんなで、あーでもない、こーでもないと議題をちょっと外れもしながら、渡(哲也)さんの話をしたり、うちのおやじの話をしたり、というのが僕はすごく楽しめた。(VTRで)問題提起されたことに対して、出演者みんなで真剣に話して、どこからか、人生相談みたいになっちゃった。これはまたやりたい、第二弾があってほしいと思いました。

良純:(トラブルを)他人事で見ていたんですけど、もしかしたら一歩間違えたら、当事者になってしまう、みたいな怖さは見ていてあった。

一茂:絶対にやっちゃいけないのは、(自分が)トラブルモンスターのほうにいっちゃいけない。モンスターになっちゃいけないんですよ、僕らは絶対に。そこだけは本当に気を付けてやらないといけない。でも小さいレべルでいったら、トラブルモンスターなのかなと思った。だって俺いろんなところで文句ばっかり言ってる!(笑)俺たぶん、モンスター度高いなって思った。でも、そこはすいません! 文句は言い続けます。いろんなところで。

――臭い上司にどう対応すればいいか、というお悩みにはスタジオで良い案が出ましたね。

一茂:僕だけでは出ないアイディアが、みんなで話をすることで、じゃあこうしよう、ああしようと、すごくいい討論番組になりましたね。もしも(相談者がそのアイディアを)取り入れてくれたら、我々で救った感じもあっていいなと。公共の電波としての役目ははたしているかなと(笑)

――お二人の間でトラブル起きたことはありますか?

良純:ないよね。

一茂:ないよね。

良純:一茂さんが怒らないように私が一生懸命現場を進めることはあるよ、たまには。

一茂:いろんなところで文句ブーブー言っているからね。

良純:それに先んじて俺が文句を言うっていう。私は丸損だと(笑)

一茂:良純さんに負けないように俺が文句を言わないと、俺が嫌なんだよ(笑)

5月31日(日)放送の『新婚さんいらっしゃい!』。先週に引きつづき、司会の桂文枝が大阪から、アシスタントの山瀬まみが東京からリモート出演する。 今回は、「YouTubeで世界に届け!We Are The World 国際

ページトップへ
Twitter Facebook