宇野実彩子

宇野実彩子AAA)、高崎翔太半海一晃が、鈴木浩介の主演ドラマ『癒されたい男』(テレビ東京系、4月スタート、毎週水曜25:35~)にレギュラー出演することがわかった。3人は、主人公・秋山(鈴木)が働く「スマイル・トイレット」営業課の個性豊かなキャラクターとして登場する。

同ドラマは、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマの「ドラマパラビ」の第三弾で、月島冬二の同名コミック(日本文芸社)が原作。物語の主人公は、どこにでもいるような普通の中小企業の中年サラリーマン・秋山寛(鈴木)。課長補佐として、部下への指導や、失敗の尻拭いなどをする日々にストレスを感じている。そんな男の日々の“癒し”は、コンビニや街で出会った、様々な美女たちをターゲットにし、ちょっとHな独自の妄想を繰り広げることだ。お気に入りの美女たちに、「昭和系団地妻 人妻ムレ子 推定34歳」などと、設定や勝手にあだ名を付け、衣服越しの肉体を観察し、下着の色(願望)までも想像してしまう。その想像力は、まさに中学生並みのピュアなスケベ! そして考えている内容は愛すべきくだらなさ! 毎話、様々なタイプの美女たちに癒されること間違いなし!?

そんな中、宇野は秋山(鈴木)のクールな部下・壇ノ浦リサ(だんのうらりさ)役を。高崎は、リア充で前向きな明るいおバカの部下・桶狭間秀人(おけはざまひでと)役を。半海は、背は低いがプライドが高く自分にできない事を部下に押し付ける営業課の部長・鴻池太郎(こうのいけたろう)役を演じる。

この度、3人からコメントが到着。以下に紹介する。

<宇野実彩子コメント>
ーー台本を読んだ感想をお聞かせください

色々な笑いの要素が台本をめくる度、散りばめられていてとても面白くて、クスクス笑いながら読んでいました。女性から見ると男性の意外な頭の中が分かりますし、でも実際に本当にそう思っているなら、「え?」という驚きもありますし、面白さ、可愛らしさ、意外な男性の妄想劇が味わえました。

ーー演じる壇ノ浦リサはどんな女性ですか?

実際の所、本音が見えず仕事に対してすごく真面目かというとそうではなく、自分の世界がちゃんと確立されて、その世界に入っていくことを許さないすごくクールな女性だと思います。秋山さん(鈴木)の部下ですが、部下としての態度でとしては少し大きく、失礼ですね。でもそれがリサの強さです。秋山さんにズバズバ物を言う所は見ていて気持ちがいいかと思います。

ーー視聴者へメッセージをお願いします

癒されたい人、癒されたい男性に見てもらいたいです! そして皆さん癒されて欲しいです! そして、女性は少し冷静に見てほしいです。鼻で笑うような、そういう感覚のドラマは意外とないと思います。例えば夫婦やカップルで見た時に意見が分かれてくると思います。それで会話が弾んだら面白いと思いますし、男女間のいいきっかけになったらいいなと思います。そして、どの回も面白いです! 個性豊かなキャラクターが出てきて、様々な女性と色んな妄想が繰り広げられて、どんどん秋山さんの頭の中がパワーアップしていきます。なかなか今までのドラマではできなかった線を越えた妄想ができていると思います。是非、楽しんでたくさん笑って欲しいです!


<高崎翔太コメント>

ーー台本を読んだ感想をお聞かせください

原作漫画を読みました。男のあるあるが詰まった作品で、結構僕も共感できました。女性の胸元やパンツが見えるとついつい見てしまうという様な共感が持てる作品となっております。主人公の秋山(鈴木)の妄想が楽しくて、こんなに妄想のバリエーションがあるんだ! と知りました。リアリティを求めるよりは妄想自体が過激な場面があるんですけど、笑って見られるような作品になっていると思います。そして、男性共感コメディです!

ーー演じる桶狭間秀人はどんな男性ですか?

ホジティブで明るくリア充なおバカです。“こんなヤツがいたら嫌だな”という感じで演じています。ですが、僕は好きなキャラクターです。上司の立場の人からするときっと“イライラ”するかもしれませんが、見ている人からは愛せるキャラクターになったらなと思います。原作ではピンポイントで描かれている役でしたが、台本を読んでみたら、凄いおバカで一番できない部下として描かれていて、出番も多く僕自身はとてもうれしく感じました。

ーー視聴者へメッセージをお願いします

是非女性にも見てほしいです。僕ら男性は“こういう風に思っているよ”と女性にわかってもらいたいです! 男性が普段我慢している欲望を満たしてくれるような作品になっております。出てくる女性陣はすごく美しくかわいく撮られていると思いますので、そういう所も見てほしいです。単純にコメディで楽しめる作品になっていると思います。男女問わず元気を出したい時に見てもらえますと嬉しいです!

<半海一晃コメント>

ーー台本を読んだ感想をお聞かせください

台本を読む前に原作漫画の表紙絵に持っていかれました。ツンと澄ました女性のノースリーブの脇の下からチラリと見える白いブラ。これこそ男のロマンです! 読む前からもう釘付けです!

ーー演じる鴻池太郎はどんな男性ですか?

秋山の上司、部長鴻池太郎を演じています。鴻池は悪いことを先回りして想像して凹んだりするような心配性で怖がりなくせにプライドと出世欲だけは人一倍というかなりねじ曲がった男です。そしてとにかく特徴的なのがところかまわず飛び出す昭和の親父風無理やりのダジャレ。本人(鴻池)がどこまで本気で言ってるのかわからないちょっと裏腹な感じがなかなか難しかったです(笑)。衣装はぶかぶか。2サイズ程大きく丈は少し短めにして自分を大きく見せています。逆にチビを強調してるのにねぇ。それに気づかない鴻池はちょっと残念なキャラクターです(笑)。

ーー視聴者へメッセージをお願いします

男は全裸よりパンチラだ! 秋山の脳内妄想はどんどんエスカレートします。どうぞカップルで見て下さい。男性は「そうそうこういうの見たかった!」と思うはず。女性はそんな男性を横目で見ながら「ほんと男ってばかねぇ……」って笑って許してくれればなぁ。

11月13日(水)に放送される『徹子の部屋』には、柳生博が登場する。 俳優の柳生は、ことし82歳。『やすらぎの刻~道』でおよそ20年ぶりに連ドラ出演したばかりだ。 40年前に妻と子ども2人と八ヶ岳に移住。荒地を家族で開墾

ページトップへ
Twitter Facebook