AKB48北原里英が、デリヘル嬢のレモン役で出演中の濱田岳主演ドラマ24『フルーツ宅配便』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)。2月15日放送の第6話では、コミュ障のデリヘル嬢レモンが、お客と恋仲に発展!? 2人の間に一体何が?

本作は、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名コミックを原作としたヒューマンドラマ。子供の学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘル「フルーツ宅配便」で働くワケあり女子の人間模様が、濱田演じるデリヘルの雇われ店長・咲田真一の目線を通して描かれていく。

公式ホームページで北原は、「フルーツ宅配便はデリヘルのお話ですが、想像とは全く違うドラマになっていると思います。特に私は、想像していたデリヘル嬢とは180度違う役を演じさせていただきます。普段の自分とも全く違うので演じていてとても楽しいです。個人的にはAKB48グループ卒業後初のドラマです。憧れのドラマ24、そして主演の濱田岳さんをはじめ、そうそうたるキャストの方々……! とても緊張するかと思っていたのですが、現場の雰囲気がとても素敵で、また以前にもご一緒させていただいた白石和彌監督との現場ということで、程良い緊張感を持って臨めています。さらに今回は白石監督だけでなく、沖田修一監督という素晴らしい監督さんとも出会えて、とても幸せな撮影現場です! みなさま、放送をぜひ楽しみにしていてください!」と、メッセージを寄せている。

<第6話あらすじ>
みかん(徳永えり)はインフルエンザにかかりイチゴ(山下リオ)は祖父の葬式。出勤できるのは、いつもおどおどしてチェンジになるレモン(北原)だけ。よりによって予約を入れたのはクレームが多い客。案の定チェンジになるレモン。そんな危機的状況のフルーツ宅配便のために一肌脱いだのは……掃除のおばちゃん!? 一方、チェンジばかりのレモンはデリヘルの仕事が向いていないと悩むが、ある客(黒田大輔)と出会い、なんと恋に発展する!?

赤楚衛二さんと町田啓太さんが出演するドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京ほか、毎週木曜深夜1:00~)が10月8日(木)より放送スタート。原作は、通称「チェリまほ」としておなじみの同名コミック。「全国書店員が選んだおすすめBL コミック2019」で、第1位を獲得した人気作です。

ページトップへ
Twitter Facebook