V6長野博と東京海洋大学名誉博士のさかなクンが、1月26日に放送される土曜スペシャル『長野クンとさかなクン港はしご旅 房総の海は広いな美味しいなSP』(テレビ東京系、18:30~)に出演。美味しい魚を求めて「水陸両用車」で房総半島へ出向き、金谷港から九十九里を目指す。ゲストに、佐々木健介橋本マナミゆいPおかずクラブ)を迎える。

今回の舞台は房総半島。東京湾を望む金谷港をスタートし、外房の九十九里を目指す1泊2日の旅に出かける。港めぐりに使うのは、水陸両用車! 冬ならではの美味しい魚をはじめ、市場には出回らない珍しい魚など、美味しい情報はもちろんの事、さかなクンならではの知って得する魚情報など盛りだくさん。“魚大好き”なゲストとともに旬の魚を食べつくす。

漫画家であり、日本漫画史の貴重な証言者でもある、みなもと太郎先生。著書の『マンガの歴史』(岩崎書店)は、あふれる漫画愛と膨大に蓄積された漫画の知識、そして漫画家として培ってきた経験・体験が盛り込まれ、"これだけ読めば60年代までの日本漫画史はコンプリできる!"という貴重な資料に仕上がっています。そんなみなもと先生の原点となるのが、昭和20年台末~40年前後にブームだった"貸本漫画"の世界。さいとう・たかをや白土三平、松本零士、つげ義春などそうそうたる巨匠たちが活躍した貸本漫画界は、その後の漫画業

ページトップへ
Twitter Facebook