SKE48大場美奈が、1月30日に放送される遠藤憲一主演ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第三湯「下部温泉~アイドルの誓い~」に出演。国民的アイドルグループ「神田川55」のセンター・大賀みな役を演じる。

同ドラマは、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ「ドラマパラビ」の第2弾。人気プロデューサー阿部真士とタッグを組み、虚実入り混じった形の、全く新しい密着温泉ドキュメンタリーが誕生した。遠藤は、素性を隠し「中井田健一」と名乗り、<日本各地の名湯・秘湯>で“さすらいの男仲居”として働く役(?)どころ。風光明媚な景観、歴史と文化の香る宿建築、情緒ある湯の数々、そして温泉地だからこそ交差する人生。様々な人情に触れ、明日を生きる力を得る姿が密着温泉ドキュメンタリードラマとして描かれていく。また、毎回登場する“湯けむり美女”たちの“Wow”入浴シーンも見どころのひとつだ。

<あらすじ>
中井田(遠藤)は「信玄公の隠し湯」として売り出している山梨県・下部温泉郷の老舗旅館「裕貴屋」で働き始める。そこには、国民的アイドルグループ「神田川55」のセンター・大賀みな(大場)が宿泊していた。みなは無期限休養中。同じグループに期待の新星が登場し、人気が落ち始めていた。やがて、みなの卒業を恐れたファンたちが温泉街までやって来るが、みなは迷惑だと追い返してしまい……。

「杉野くん、カッコいいのにもはや顔芸とも言える振り幅! こんなに面白いホラーある?」「第3話の(松原)タニシさん回にワクワク! 怪談界隈の推しを地上波で見られるとは楽しみすぎる!」など、SNSで話題沸騰! ドラマ25「東京怪奇酒」を、毎週金曜深夜0時52分から放送中。▲第3話より漫画家の清野とおるが、わざわざ心霊スポットに出向いて飲酒するという実体験を描いた「東京怪奇酒」(KADOKAWA刊)を実写化。ドラマでは、俳優・杉野(本人役)がビビりを克服してホラー映画の主演オファーを受けるため、ゲスト

ページトップへ
Twitter Facebook