1月18日よりスタートする新ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の囲み取材会が12日、都内で行われ、主演の北大路欣也のほか、風間俊介上白石萌音石黒賢が登場。ドラマの見どころを語った。

新宿東署刑事課司法係を舞台に、北大路扮する刑事・鬼塚一路が、見落とされそうな手付かず案件を追う本作。定年間際の最後の事件で、犯人に刺されて両足の機能を失い車椅子生活となった鬼塚は、1年後、数々の事件を解決してきた功労から、新宿東署刑事課の司法係長に再任用。新米時代と定年間際の2度、新宿東署に配属されていることから、管轄区域である新宿の街並みに完璧な記憶を持ち、昭和と平成、両方の“記憶の街”を頭に描くことで事件解決の糸口を見つけ出していく。

北大路は「暮れから始まって、もう20日。最初は緊張しましたけど今は意気投合。スタッフの皆さんも一生懸命で、我々もそれぞれのポジションを守りながら楽しくやっています」とキャスト、スタッフとすっかり打ち解けた様子。風間や上白石との共演については「若い方と接するというだけですごく嬉しい」と喜び、「自分が期待する以上の波動をもらうんです。すごいエネルギーになります。みんなうまいし、感心しちゃう。その雰囲気を素直に喜んで現場に来ています」と語った。

上白石は熱意あふれる新人警察官で鬼塚の部下・遠山咲役。「顔合わせの前日は緊張でお腹が痛くなるくらい緊張していたんですけど、みなさん温かい現場で、すべてを受け止めてくれる先輩ばかり。胸を借りるつもりでやっております」とにっこり。北大路については「ご一緒できて本当に光栄。目が合った瞬間に“あ、北大路さんだ”って。カメラが回っていない時もいろいろお話を聞かせてくださって、皆さんをやさしく気遣ってくれる方。ここにいられることが幸せです」とコメントした。

風間は、警視庁捜査一課・管理官のポジションから、新宿東署の刑事官として異動してくるキャリアの神啓太郎を演じる。「勉強という言葉が甘いくらい、人生においてすてきな時間をいただいている」と大先輩である北大路に感謝。「立ち振る舞いという点では僕が立場が一番上の役。所作とまでは言わないけれど、エリートで立場が上の道を歩いてきたというふうに見えるよう心がけて演技をしています」と役作りの工夫を明かしていた。

捜査一係長・栗田史郎役の石黒は「北大路さんは大先輩で初の共演。本当に嬉しいです。同僚という役で、北大路さんに“こんなこと言えるの嬉しいな”と思いながら楽しんでやっております」といい、北大路演じる鬼塚についても「こんな北大路さんを初めて見たという感じ。視聴者の人は楽しみにしていてほしい。チャーミングな北大路さんで本当に素敵」とアピールした。

西島秀俊さんが主演を務めるスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系、21:00~)が、3月30日(土)と31日(日)に2夜連続で放送される。これまで何度も映画化・ドラマ化されてはさまざまな名優が明智小五郎役を演じてきた本作を、今回は舞台を現代に移し、西島さん演じる明智が明晰な頭脳とアクションを武器に世界的ハッカー集団「ファントム20」との戦いに挑む。

ページトップへ
Twitter Facebook