武田梨奈演じる村崎ワカコ

武田梨奈が主演を務めるドラマ『ワカコ酒 Season4』が、BSテレ東にて2019年1月7日(月)24時よりスタートすることが決定した。

“酒呑みの舌”を持って生まれた26歳のOL・村崎ワカコ(武田)がさまざまな場所をさすらい、女ひとり酒を堪能する同名グルメ漫画を実写ドラマ化した本作が、シーズン4をむかえる。ワカコの行きつけのお店「逢楽」の大将(野添義弘)や店員・青柳(鎌苅健太)をはじめ、おなじみのメンバーももちろん続投する。

すでに第6夜までの各話タイトルも決定。1月7日の第1夜は「マグロの解体ショー」、1月14日の第2夜は「ラーメン屋でのサク飲み」、1月21日放送の第3夜は「厚切りハムカツの味」、1月28日放送の第4夜は「商店街で飲み歩き」、2月4日放送の第5夜は「浴衣で一杯 夏の味覚」、2月11日放送の第6夜「ビアガーデンで乾杯」と読むだけでよだれが出てきそうなラインナップとなっている。

主演の武田は「本当に最初シリーズが始まった時にはこんなに続くシリーズになるとは想像していなかったので嬉しい気持ちがすごく大きいです。プレッシャーも大きかったですが、一周回ってまた初心に戻った気持ちでやろうと思って今回演じさせていただきました。手探りだったシーズン1、少しアレンジや挑戦的なことをやってみたシーズン2&3、それを踏まえてシーズン4では役者としても村崎ワカコとしても一回リセットして、何もわからない新鮮な気持ちでもう一度やってみようというのはとても意識しました」と役作りについて明かした。

シーズン4の見どころは「お酒の飲み方」だといい、「自分では自然と食べたり飲んだりしてるつもりなんですけど、監督たちが『変わった! そんな飲みっぷりだったっけ』とおっしゃってくれるので、自分でも成長できたのかなと思います」とコメント。「今回まさかのワカコの設定年齢26歳を飛び越えて自分は27歳になってしまったので、逆に若すぎず、大人っぽすぎず……というのを自分なりに考えながらやらせていただきました」とお茶目に話している。

ページトップへ
Twitter Facebook