加山雄三が、9月11日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演し、MCの笑福亭鶴瓶とビートルズにまつわる都市伝説の話などで盛り上がった。

加山には「ビートルズが来日した時に一緒にすき焼きを食べた」という都市伝説があり、鶴瓶は本人に直撃する。当時、ビートルズに何を食べたいのか聞くと「すき焼き」と答えたため、用意したという加山。しかし、ボーイや関係者は部屋に入れてもらえなかったため「すき焼きは誰が作るの?」と困惑していると「加山さん、すき焼き屋さんのせがれですよね? よろしくお願いします」と言われたそう。加山は「あれは映画の中だけ(『若大将』シリーズの役柄)」と困りつつも、加山がふるまうことになったという。

ビートルズのメンバーはすき焼きの美味しさに感動しており、加山自身も印象に残っていたことから、2015年にポール・マッカートニーが来日した際、当時撮影した写真を見せて「覚えているか?」と聞きに行ったことがあると回顧。ポールは「覚えている」と返答したと言い、加山は嬉しそうに振り返っていた。

また、岩倉具視の玄孫である加山が、現在『西郷どん』(NHK)で岩倉役を演じている鶴瓶に「何やった人なの?」と問う一幕も。使節団としてヨーロッパを周ったことなどを説明すると、さすがに加山も知っていたようだが「(自身も船が好きなため)船が好きだったのかな? 不思議ですよ」と語っていた。

VRで「バイオハザード」に興じているという加山。奥さんが呆れるほどハマっているそうで「夜中の3時頃にクリアした時は嬉しいから『やったー!』ってなるけど、部屋はシーンとしているから寂しいですよ」と述懐。

アメリカに行った時には、ネット回線を通じて日本に住む知人とゲームをするほどで「『お前クリスやれ、俺セバやるから』って言って」「『おい先行くなよ!』、『地図をポンと出せばいいんだよ!』とか」と知り合いとのやり取りを興奮気味に語るも、鶴瓶から「分かりました!」と強めにツッコまれていた。

ほか、2人共に親交のあるももいろクローバーZについてもトーク。加山は「同じステージでフェスをやったりすることがある」と語り「踊りもすごいし、あんなのよくできるなと思う」と絶賛。鶴瓶は、何事にも一生懸命な彼女たちの魅力を述べ「いつまでも続けてほしい」と願望を吐露していた。

ページトップへ
Twitter Facebook