木村多江

唐沢寿明主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!』(今秋放送)に、木村多江伊藤蘭橋爪功が出演することがわかった。

同作は、唐沢が長年にわたって映像化を熱望していた、藤村いずみの同名小説が原作。法の裁きをすり抜け悪事を働く医者を、医学の知識を利用した華麗なる手口の完全犯罪で裁いていく元外科医の殺し屋・折壁(唐沢)が、社会に潜伏する大きな闇の組織に立ち向かっていく様を描いた医療エンターテインメント。

折壁の元恋人で内科医の梶睦子を演じる木村は、劇中でアクションに挑戦。「撮影は大変でしたが、素晴らしいスタッフの方々でしたので、乗り切れました」と安堵のコメント。

児童養護施設の責任者・花井環を演じる伊藤は、「唐沢さん演じる主人公の孤独感や葛藤と共にストーリーに誘われてゆくと愛や正義、裁きとは......という人間が抱える永遠の深いテーマに辿り着いてしまうかもしれません。信じがたいけれどあっても不思議ではない、などと考え始めると胸がザワザワしてくる物語。是非、ご覧ください」と話している。

そして、正体不明の弁護士で、折壁に殺しの仕事を仲介するエージェントの横倉義實を演じる橋爪は、「唐沢くんの不思議な魅力にご注目ください!」とメッセージを寄せた。

なお、テレビ東京プロデューサーの北川俊樹(制作局ドラマ制作部)は、「登場人物が全員クセモノである中、特にこのお三方の役どころと、語弊を恐れずに言えばその“怪演”っぷりに、是非、注目していただきたいです」とコメント。さらに、アクションに挑戦した木村については「もちろん代役なし。何日にも及ぶトレーニングを重ねていただき、かなりアクロバティックな格闘に挑戦していただきました。妖艶にしてアクティブな木村多江さんをご期待ください」と見どころをアピールした。

ページトップへ
Twitter Facebook