村上弘明を主演に迎えた松本清張特別企画『犯罪の回送』が、テレビ東京系にて7月2日(月)21時より放送される。本作は、清張が遺した最後のミステリー作品が原作で、今回が初めての映像化となる。放送を前に、2日村上は、テレビ東京の番組『なないろ日和』『よじごじDays』に生出演し、見どころなどを語る。

村上は、行方不明になった北海道北浦市の市長を探す警視庁刑事部捜査一課警部・田代俊一郎を演じる。また、市長が行方不明となった北海道警の刑事部捜査一課警部・小森修司役に陣内孝則。これまで同局で放送された、2015年3月の開局50周年特別企画『黒い画集―草―』、2016年3月の松本清張特別企画『喪失の儀礼』、2017年5月の松本清張没後25年記念特別企画『誤差』に続き、村上と陣内がタッグを組むのは4作品目。

ドラマファンに向けて、「今回は松本清張ミステリーシリーズの第4弾です。この作品の原作は、松本清張が遺した最後の長編ミステリーで、今回が初めての映像化となり ます。私は東京で突如失踪してしまった北海道のとある市長を捜索する警視庁捜査一課の刑事(田代)を演じます。物語は、市長の捜索を始め、政治と北海道の地酒、さらには東京と北海道の2都市を舞台に、連続殺人事件が展開していきます。また、北海道が舞台のため、一部北海道ロケもあり、綺麗な景色も味わっていただけると思います。ぜひお楽しみください」とコメントを寄せた。

<イントロダクション>
北海道北浦市の市長(川野太郎)が、出張先の東京で突然失踪したことに端を発する。警視庁へ捜索願が出され、刑事の田代俊一郎(村上)らが捜索を始めるが、市長の美人秘書・有島(鈴木保奈美)は、不可解な単独行動を取り続ける。時を同じくして、市長の政敵もひそかに上京していることがわかったが、行方が分からず……。失踪した2人の政治家と2つの地酒……。様々な思惑と愛憎が入り混じる中、驚きのトリックで、 犯人が明らかになる!

ページトップへ
Twitter Facebook