7月14日から、福士誠治が主演を務める連続ドラマJ『極道めし』(BSジャパン、毎週土曜21:00~)がスタート。メインキャストが揃った、個性溢れるポスタービジュアルが初公開。さらに主題歌は嘘とカメレオンの「JOHN DOE」(ジョン・ドゥ)に決定した。

本作は、故・土山しげるさんの代表作『極道めし』(双葉社『漫画アクション』連載/アクションコミックス、協力・大西祥平)を原作とした、食と人情のノスタルジックエンターテインメントドラマ。物語の舞台は、刑務所のとある雑居房。204号室に収監された元サラリーマン・小津(今野浩喜)、窃盗常習犯・ 八戸(徳井優)、詐欺師・坂井(柳沢慎吾)、暴力団組員・荒木(小沢仁志)のところに、銃刀法違反の男・原一平(福士)がやってくる。204号室では、看守に気づかれないよう、静かなる“美味い飯語りバトル”が繰り広げられることに……。その勝負とは、シャバで食べた一番美味しかった食い物を語り、最も旨そうな話をした者、話を聞いた者が「ごくり」とつばを飲み込んだ数が多い者が「勝ち」とし、これに勝利すると、好きなおかずを一品ずつ取れるという、意地とプライドを賭けた美味い飯語りバトル。

プロデューサーの森田昇(BSジャパン制作局)は、「刑務所という閉ざされた空間で、シャバで食べた美味い食い物の話をするというストーリー。企画を進めていくにあたり『これはあの“すべらない話”のドラマ版だ』と思いつき、芝居が上手いだけでなくしゃべりが上手な人をキャスティングしようと心がけました。もちろんキャラが際立っているこ とは当然です。そうして現在のレギュラーメンバーが決まりました」と、明かした。

現場についても、「スタッフ、キャストの顔合わせ台本読みでは、自己紹介から大盛り上がりで笑いが止まらないとい う珍しい状況でした。当然、撮影でも皆のアドリブが飛び交い、監督の『カット!』の声で我慢していたスタッフとキャストからドっと笑いが出るという楽しい現場です。美味しい食べ物を撮るプロフェッショナルを揃え、美味そうな食べ物もたくさん登場します。最高の芝居と最高の食材にご期待ください。あと、坊主頭が皆さんとてもキュートです」と語った。BSジャパンが仕掛ける新たな飯テロドラマに注目があつまる。

山口紗弥加が主演の連続ドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第7話が11月15日に放送された。矢神亜梨沙(山口紗弥加)が、最後の復讐相手の勅使河原友和(片岡鶴太郎)と直接対決。生きるか死ぬかの壮絶な争いになったが、復讐のきっかけとなった5年前の事件の真相は最後まで明かされなかった。再び振り出しに戻る結果となり、ネットでは、「ラスボスは誰!?」「すごい展開!」「もう誰も信用できない…」など予想外の展開に驚きを隠せない様子だった。

ページトップへ
Twitter Facebook