4月25日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)は、「なぜ買い過ぎてしまうのか…“行動経済学”の魔法!」と題し、さまざまな店に隠された人の心を操る巧妙な仕掛けを探る。

リスクか、はたまたリターンか?暗号資産から北方領土、芸能人夫婦の離婚まで、リスクとリターンをめぐる議論は様々だ。 大阪のIRもそのひとつ。横浜市長選でIR反対派が勝利し、IRに手を挙げているのは長崎県、和歌山県と大阪府市の3カ所になった。大阪ではオリックスとMGMリゾーツ・インターナショナルの連合が1兆円規模のIR整備計画を発表。それを軸に、IRによる大阪経済の底上げへの期待が高まっていた。一方、コロナ禍で世界中のIRは業績が悪化。MGMの経営悪化で大阪IRも開業時期は未定になった。 ...

ページトップへ
Twitter Facebook