3月28日放送の『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)は、19時からの4時間スペシャル。半年に一度の頂上決戦が行われ、実力者たちが「トップ7」を目指して競い合う。

今回は、プロ・アマ・U-18が垣根を越えて戦う、毎年恒例のスペシャルマッチが開催。2017年4月からの得点ランキングで、上位20人にランクインした人だけが出場でき、この大会で決勝に残った7人に新「トップ7」の称号が与えられる。激しいバトルを勝ち抜き、称号を手にするのは一体誰なのか。

「最強アマチュア」で構成されたAブロックには、「U-18四天王」や「トップ7」のツワモノが揃い踏み。番組デビュー7か月で「トップ7」入りしたU-18期待の超新星・熊田このはは、半崎美子の「サクラ~卒業できなかった君へ~」。島根の美声男子・小豆澤英輝は、aikoの「KissHug」。「U-18四天王」にして「トップ7」の最強中学生・鈴木杏奈、荻野目洋子の「六本木純情派」。大学生大会2連覇の前田麻耶は、Kiroroの「長い間」。「U-18四天王」の天才歌姫・佐久間彩加は、鬼束ちひろの「流星群」。2017年間チャンピオンの堀優衣は、中島美嘉の「WILL」。U-18最強王座・元永航太は、山内惠介の「ちょっと、せつないな」を歌う。

そして、プロの歌手が名を連ねるBブロックには、毎回「トップ7」入りを果たしている高音オペラ魔女・翠千賀や、カラオケ世界大会チャンピオン・海蔵亮太らが集結。翠は山口百恵の「いい日旅立ち」。海蔵はさだまさしの「たいせつなひと」。広島出身姉妹デュオMebiusの岡田賀江は、松田聖子の「あなたに逢いたくて~Missing You~」。和風アニソンシンガー・Daisy×Daisyは、中島美嘉の「桜色舞うころ」。オペラ教授・安藤常光は、来生たかおの「スローモーション」。平成の女流し・おかゆは、髙橋真梨子の「ごめんね…」を歌う。

また、Cブロックもプロの歌手で構成。注目は、春のグランプリ昨年の覇者で連覇を目指す元宝塚のRiRiKAと、エリートジャズシンガー・宮本美季。RiRiKAは、BENIの「見えないスタート」。宮本は、スピッツの「春の歌」。ミュージカル女優・須藤香菜は、華原朋美の「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」。カラオケ世界大会日本代表シンガー・坂本理沙は、KinKi Kidsの「Anniversary」。注目のモデルシンガー・高橋りなは、PRINCESS PRINCESSの「M」。EXILEのATSUSHIも認めた実力派シンガー・KIKURIは、美空ひばりの「川の流れのように」。最も「トップ7」になりたい不屈の女・中村萌子は、ザ・タイガースの「花の首飾り」を歌う。

焼きそば麺をイタリアンに ミシュランビブグルマンに5年連続で選出された東京・青山「リストランテ・コルテジーア」の江部敏史シェフが伝授するのは、南イタリアの家庭料理を焼きそば麺でアレンジした「南イタリア風ピリ辛トマト焼きそば」。 南イタリア風ピリ辛トマト焼きそば 手軽な食材で、あっと

ページトップへ
Twitter Facebook