俳優の松重豊が主演を務める、テレビ東京の“飯テロ”ドラマ『孤独のグルメ』のSeason7が、4月6日(金)よりスタートすることがわかった。

本作は、2012年1月、10月クール、2013年7月クール、2014年7月クール、2016年10月クール、2017年4月クールと6期にわたってテレビ東京系列にて放送され、数々の“夜食テロ”巻き起こしてきたグルメドキュメンタリードラマ。

season7は初心に返り、世間にはあまり広く知られていない町での素晴らしいグルメとの出会いから始まる。さらに『孤独のグルメ』では外せない和食はもちろん、最強メニューである肉料理や一番人気の中華など多彩なジャンルのメニューが登場するだけでなく、出張編もあるなど番組の魅力が満載。その一方で、これまで紹介していないジャンルのグルメが登場するなど、新たな演出も取り入れ、今までとは違う挑戦も行っていくという。

Season7決定を受け、松重は「視聴率も頭打ちなので、この際閉店商法で『孤独のグルメ season final 究極の晩餐』にしたらと提案しましたが却下されました」と冗談まじりにコメント。シリーズ開始から6年、井之頭五郎を演じる上で何か変化はあったか聞くと、「行った覚えのない飲食店に、私のサインが置いてあった」と明かし、「この番組を断食中の僧侶が観ているそうです。見方を変えればダイエット効果抜群です。但し、夥しい煩悩と戦わなければなりませんが」と語っていた。

佐藤浩市と天海祐希が共演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『Aではない君と』が、9月21日(金)21時から放送される。本作は、第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した、薬丸岳の同名小説が原作で、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)が、離婚した妻から、離れて暮らす息子が同級生への殺人容疑で逮捕されたという知らせが来たことから始まるヒューマン・サスペンス。

ページトップへ
Twitter Facebook