元モーニング娘。の市井紗耶香が、12月7日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。今だから語れる、中澤裕子との“確執”を明かした。

市井は、保田圭、矢口真里と共にモーニング娘。の2期生として14歳でデビュー。大ヒット曲「抱いてHOLD ON ME!」や「LOVEマシーン」参加の他、プッチモニのメンバーとしても活躍した。

追加メンバーオーディションに合格した際を振り返り、市井は「電話で“受かったので次の日にここに来てください”と言われました。翌日行ったら当時のマネージャーさんがいて“あなたは明日から芸能人です”と言われたのが衝撃だった」と語った。

グループ活動時、1年で3~4日しか休日がなかったことを聞いたMCの河本準一は「毎日同じメンバーと会うし、イライラすることなかったの?」と質問。市井は「よく言われるけど、ケンカできるほどの領域に至ってなかったんです。初期のメンバーが、手売りで5万枚売ってメジャーデビューをしたので、(5人は)結束力があるんですよ。そこに(何もしていない)新メンバーが入るから、この差が埋まるまでは時間がかかった」と述懐。

また市井は、初期メンバーとの確執を感じた瞬間も覚えているという。セカンドシングル「サマーナイトタウン」のジャケット撮影時、「なぜか私が裕ちゃん(中澤)にもたれかからないといけなかったんです。“ごめんなさい”と言いながら肩にもたれたらイヤがる仕草をされて」と話すとスタジオは爆笑。市井自身も「今だから言えますけどね」と笑った。

その後、モーニング娘。はヒット曲を連発するも、市井はわずか2年で電撃引退。理由として「遊びたくなっちゃったんだと思う。普通の生活をしてみたいって」と語った。続けて「“芸能人です”って言われてからしばらくは普通の格好でいたけど、いつの日か帽子を被るようになったり、マスクをしたり……そこに正直疲れちゃったのかな」と話していた。

6月6日に放送される『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)は、「いま、あなたが贈りたい歌 Part2」と題して、視聴者から寄せられたリクエストの中からバラエティに富んだ歌の数々を『SONGS』の名曲アーカイブスから紹介。新型コロナウイルスの影響で、会いたい人へも会えない日々が続く中、心に浮かんだ“あの人”へ、歌で思いを伝える特別編の第2弾になる。

ページトップへ
Twitter Facebook