30日、都内で開催中の「第30回東京国際映画祭」内で行われた『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』(1月6日公開)のジャパンプレミアに、俳優の栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大、そして監督の雨宮慶太総監督が出席。国際映画祭の場とあり、全員シックな衣装で登場し、女性ファンから大歓声があがった。

秋になると、ちょっぴり感傷的になって、人恋しくなりませんか?少し涼しくなるからでしょうか?まだまだしばらくは、人との距離を保たなくてはなりませんが、映画の世界で、ちょっと甘酸っぱい、人と人との温もりを感じてみてはいかがでしょうか?先週に引き続き、注目の映画をピ

ページトップへ
Twitter Facebook