歌舞伎俳優の市川猿之助が、2月7日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演。意外な結婚観を語った。

41歳にして、未だ独身だという猿之助。結婚しない理由を「だって面倒臭いじゃないですか」と話し、MCの笑福亭鶴瓶が「絶対、家に帰って誰か居とかないと」と言うと、猿之助は「セコム(警備サービス)でいいじゃないですか」と仰天発言をした。

また、「独身だから自由」だと言う猿之助に、鶴瓶は「独身やからファンはイライラする。“私いける(結婚できる)のに”って。SMAPのファンなんか、ほとんど自分が結婚できると思ってずっと50歳ぐらいまでになってはんねんから。可哀想やわ。みんな純粋に好きやねん」と、ファンの気持ちを思ってコメント。しかし、猿之助は「“好きだから結婚したい”って思うのはどうなって思う。例えば、好きな人と結婚したけれど、結婚したが故に嫌いになっちゃう事だってあるじゃないですか。結婚してない方が上手くいくのもある」と結婚への不信感を明かし、鶴瓶から「何を見てきたんや……変なもん見過ぎや!」とツッコまれていた。

番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。 10月30日(金)の同番組では「マツコのおはぎロード 第1章」を放送する

ページトップへ
Twitter Facebook