小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』の公開日が、7月14日(金)に決定。さらにこの度、桂小太郎を演じる岡田将生と、その相棒・エリザベスのキャラクタービジュアルが解禁となった。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミック(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描いていく、笑いあり感動ありの物語となっている。

小栗らのほか、新八の姉・妙役に長澤まさみ、平賀源外役にムロツヨシ、近藤勲役に中村勘九郎、土方十四郎役に柳楽優弥、沖田総悟役に吉沢亮、岡田似蔵役に新井浩文、武市変平太役に佐藤二朗、来島また子役に菜々緒、村田鉄矢役に安田顕、村田鉄子役に早見あかり、高杉晋助役に堂本剛と“主役級”のキャストが勢揃い。昨年、銀時&新八&神楽の“万事屋3人組”のキャラクタービジュアルが解禁されると、その完成度の高さに、瞬く間にSNS上で大盛り上がり。「次は誰のビジュアルが解禁されるのか」とファンの間で期待が渦巻いていた。

今回解禁となった桂は、「狂乱の貴公子」との異名を持つ幕府指名手配中の攘夷志士の生き残り。銀時や高杉と共に吉田松陽の元で学んでいた幼馴染であり、攘夷戦争時代の盟友。旧友からは“ヅラ”と呼ばれている。『銀魂』に登場する一癖も二癖もある濃いキャラクターたちの中で、シュールなボケキャラとして異質な存在感を放ち、銀時同様、決める所はビシッと決めるギャップを持つ人気キャラクターだ。ビジュアルでは、腰まである長髪や着物姿を披露し、再現度の高さが伺える。

桂の背後に映り込むのは、謎の地球外生物・エリザベス。キュートな外見とは裏腹に戦闘能力が高く、桂の単なるペットではなく相棒とも言える。意思の疎通はプラカードを使用し、ごくまれにドスの聞いた言葉を発することも。実写映画化発表時には誰が演じるのかと噂され、高杉役の堂本からは「正直、エリザベスがやりたかった……」との発言が飛び出す程の人気者。『銀魂』になくてはならないマスコットキャラクター的存在だ。果たして誰が演じることになるのか……!?

日本を離れて50年、パリに住み、世界各国で俳優として、また演出家として活動している笈田ヨシさん。 『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(1996年)、『最後の忠臣蔵』(2010年)、『沈黙-サイレンスー』(2016年)、

ページトップへ
Twitter Facebook