人気声優の大塚明夫が初主演を務めたドラマ『真夜中の百貨店~シークレットルームへようこそ~』(BSジャパン、毎週火曜23:00~)が、このほどクランクアップ。また、秋以降にseason2の放送も決定した。

本作の舞台は、歴史ある百貨店の一室。そこには洗練されたファッションアイテム、ラグジュアリーブランド、家具まであらゆるブランドが揃っており、圧倒的なクオリティとホスピタリティでお客様を迎えてくれる。大塚は、この百貨店に住み着く不思議なコンシェルジュ(精霊)として、特別な顧客のためにピッタリなアイテムを“精霊ならではの能力”で選びだす。

大塚は「共演の渋谷謙人くんと堀有里さんには長台詞等で助けていただくなど、フォローしていただきました。ありがとうございました。私もレギュラーでドラマをやるのは初めてで、お互いに支えあってきたような感じでした」と、撮影を振り返った。

今作をもって、渋谷と堀は卒業。「season2からは私はまた生まれたての赤子のように泣き叫ぶことになるのかな、と思うと暗澹たる気持ちになります(笑)」と、冗談交じりに次回作への不安を明かした。

バイヤー役を演じた渋谷は「大塚さんとお芝居なんて光栄だと思い、最初からとてもやる気だったんですが、この番組は独特な撮影方法で、後半からはさらに特殊な方法になりまして、ますますやる気が増しました(笑)。夜9時から朝7時までで2本撮りというこの現場の撮影に行ってから、他の現場に行っても何があっても怖くない、大丈夫と思うようになりました。本当に勉強になり自信がつきました。監督をはじめ本当にお世話になりました」と感謝を。スタイリスト役を演じた堀は「初めてのレギュラードラマで、とても緊張してわからないこともありましたが、皆さんに可愛がっていただいて、本当にありがとうございました。この経験を活かしていけるようにさらに頑張っていきたいと思います」とコメントした。

season1の放送は、残り2話で最終回を迎える。また、season2は10月11日(火)よりスタートする。

次回 10月28日(水)よる10時放送の日本テレビ系 新水曜ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」。主演・波瑠が恋をさぼってきた“おひとり様”産業医・大桜美々を演じる今作。美々が久方ぶりの恋に翻弄される様子を波瑠が好演。さらに、劇中では

ページトップへ
Twitter Facebook