単行本発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプ(集英社)の看板コミック『銀魂』が、2017年に実写映画化することがわかった。主人公の坂田銀時は小栗旬が演じ、監督は福田雄一が務める。

2004年に連載を開始した『銀魂』は、パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ痛快エンターテイメントだ。2006年にテレビ東京系列でテレビアニメ化され、2010年には『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』を公開。興行収入10.7億円を記録した。2013年には劇場版第2弾『完結篇 万事屋よ永遠なれ』が上映され、興行収入17億円を記録するなど、今もなお高い人気を誇っている。

原作者の空知英秋は、「『ジャンプ』でやってる“幕末”の“侍”ものというキーワードで『るろうに剣心』並みの大作漫画と勘違いした、こんな豪華なスタッフとキャストが集まってくれました。メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。全員銀魂と一緒に死んでもらう事になりますが、福田監督は『勇者ヨシヒコ』でコスプレ感丸出しながらもそんなのお構いなしで物語に引き込み爆笑させてしまう剛腕振りを見た時から、嫉妬でこのオッさん死んで欲しいなと思っていたし、小栗くんもクローズがカッコ良かったんで、漫画に無断で登場させた時から訴えられるんじゃないかとドキドキしていたし、以前テレビで小栗くんの本棚が映った際に銀魂を1巻で切っているのを見た時から鈴蘭に乗り込まなきゃいけないと思っていたので、二つの邪魔な才能を抹殺するにはいい機会だと思っております」と“空知らしい”愛のこもったコメント。

さらに、「漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、泥舟でもいいからそれでも銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですからね。そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです」と受けた理由を明かした。

最後に、「わざわざ沈む船に乗り込んだ“現代”の“侍”たちの姿を見て、笑うも結構、泣くのも結構。映画と一緒にその顛末もお楽しみあ~れ」と、ファンに向けてメッセージを送った。

福田監督は「空知先生から大切な作品を任せていただいたこと、本当に光栄です。たくさんのファンの方に支持されている原作です。原作の魅力を実写化でも表現できればと、僕が確たる信頼を寄せている最強のキャスト、スタッフに集結していただきました。空知先生にお会いした時に“福田監督ということは今回ももちろん低予算ですよね!”と言われたのですが、銀魂ともなると、残念ながら(?)たくさんの予算をいただけました。この予算、たくさん笑えて感動出来る銀魂のために使い切りたいと思います」と意気込みを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook