6月24日(金)放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2016夏』(テレビ東京系列、21:00~22:48)は、“ミスター都市伝説”こと関暁夫が、死海文書の予言に隠された秘密を明かす。

今、世界各地で巻き起こるさまざまな事件や争いの全ては預言されていた!? 今回の都市伝説の舞台は、中東・イスラエル。1947年以降、イスラエルとヨルダン国境にある「死海」付近の11箇所の洞窟で次々と“文書”が発見された。「旧約聖書」の写本や、謎の文献も多数見つかり、羊紙やパピルス紙、銅板に、ヘブライ語・アラム語・ギリシャ語で記されていた。その「死海文書」を求めて、関はイスラエルへ。

その「死海文書」に記されていた預言に向けて、世界は動いていると関は語る。そこには、ユダヤの秘密と日本との繋がりが隠されていた。「人工知能が暴走し、なんと人工知能がユダヤを差別した」「キリストは2人いたことが判明!その内の1人は日本へ渡った」など、驚きの事実が明らかとなる。

さらに今回、あばれる君がいまだ手つかずの北海道に残る“不自然な謎”を徹底解明。「神に最も近く、日本で最も危険な神社」、「泣きじゃくる石」、「UFOが現れるストーンサークル」の謎に迫る。

そのほか、オリエンタルラジオ・中田敦彦、ケンドーコバヤシ、サバンナ・高橋茂雄、島田秀平、ジャルジャル・後藤淳平、セクシーチョコレート・REINA、田畑藤本・藤本淳史、トレンディエンジェル・斎藤司が“都市伝説テラー”として登場。「あの歴史的発明の裏にいた日本人」、「人類を待ち受ける恐るべき未来」、「超大国の大統領に隠された国家機密」「インターポール捜査官が見た対テロ戦争」など、さまざまな分野から禁断の都市伝説を語る。

スタジオゲストは、草野仁、国分太一、小島瑠璃子、篠田麻里子、篠原信一、福澤朗、的場浩司、野性爆弾。

世の中のありとあらゆるものの“ソノサキ”にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティ『ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜』(テレビ朝日系、毎週火曜23:20~)。3月19日の放送では、東京・歌舞伎町のホストクラブ「PLATINA本店」から独立を決め、新店舗に向けて準備中のカリスマホスト・ローランドが登場。番組が最終回を迎えることから今回で密着も最後となった。

ページトップへ
Twitter Facebook