3月12日(土)の21時より、往年のヒット曲「赤いスイートピー」と「神田川」をもとにして描かれる完全オリジナルドラマ「BSジャパン開局15周年特別企画ドラマスペシャル『青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』(21:00~22:55)が放送される。その第二話「神田川」に出演する大杉漣前田亜季からこの度、コメントが寄せられた。

南こうせつとかぐや姫の楽曲『神田川』(1973年発売)をモチーフに、オリジナルストーリーでオムニバスドラマ化した本作。大杉は、定年退職を迎え、張り合いのない毎日に居心地の悪さを感じていた会社員・根岸和雄役。前田は、和雄の息子・賢太郎の恋人・森川すみれ役と、和雄の昔の恋人・平松塔子役の2役を演じる。

この曲が発売された当時を振り返り、大杉は「当時、ぼくは吉祥寺のアパートである女性(妻)と暮らし始めました。演劇の世界に足を踏み入れ、俳優を志した時代でもありました。もちろん経済的には恵まれていなかったのですが、俳優になろうとした夢は、"生きるチカラ"だったのかも知れません」と語る一方、まだ生まれていなかった前田は「昭和の名曲として、いろんな方が思い入れをもって聞いてきた曲ですので、大事に演じたいと思いました。この時代の歌は心に沁みてとても好きでよく聴いているので、その世界をドラマ化できるのは嬉しかったです」と喜びを述べた。

過去にも共演経験のある二人。今回、改めて共演してみて、大杉は「前田さんは、実に聡明で佇みのある女優さんです。“言葉(台詞)をこころで話す”ということを感じました。現場でいい緊張感を共有出来る方です」と感想を語り、同じく前田も「本当に楽しく、心地良い雰囲気を作ってくださる方です。ラストに近いシーンの撮影では、大きく心が動かされました。そんな瞬間にいられたことを有り難く思いました。大杉さんの歳の重ね方が本当に格好よくて、しびれます!」と絶賛した。

最後に、大杉は「名曲『神田川』が描く世界や情景を自分自身の姿だと感じた者は、ぼくだけではなかったはずです。今回のドラマ『神田川』は、多少の大袈裟を許していただけるなら、俳優として"出会うべき作品"だったと感じています。根岸和雄は、ぼく自身の"昭和"を投影した人物でもあるのです」と述べ、前田は「人生を振り返り、過去や現在を織り交ぜて紡ぐ素敵なお話です。どこか懐かしさも感じられ、私は自分の父と母の事を想像させられました。いろんな出来事があり、今なんだな、と。ぜひ観て感じていただきたい作品です」と見どころをアピールした。

木村拓哉が主演を務めるフジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』(2020年新春、二夜連続放送)に、小日向文世、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧利夫、光石研が出演することが明らかになった。

ページトップへ
Twitter Facebook