女優の黒島結菜が、EXILEのNAOTOが主演を務める4月スタートの「ドラマ24『ナイトヒーローNAOTO』」(テレビ東京系列、毎週金曜24:12~)で、NAOTOをヒーローの道へ引きずり込む悪を許せない“ドS女子高生”役を演じることがわかった。

国民的グループEXILEのメンバーで、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのリーダーでもあるNAOTOが本人役で出演する本作。“あることがきっかけで、不本意ながらもヒーローとしての活動を余儀なくされたNAOTO”という設定で、犯罪者に泣き寝入りをさせられている社会的な弱者を救うために、日夜悪者退治に奔走する姿が描かれる。

黒島が演じるのは、普段は普通の女子高生だが悪を成敗することに異常な執念を持つ「田之上 栞(たのうえ しおり)」。女子高生ながら裏の世界に精通していて、EXILE、三代目JSBの活動に加え、ヒーロー活動に大忙しのNAOTOを終始翻弄するというドSな役だ。

栞役を演じてみて、黒島は「ちょっとオタクなところもあり、そして謎な所もある、今までにやったことのないキャラクターなので、とても楽しく演じています」と語る一方、「ただ、テンション高く話していたのに急に邪魔が入ったので怒り出したと思ったら、また戻ってノリノリで話すような、感情の起伏が激しい役どころなので、その切り替えが難しいなと思っています」と役作りの苦労についても明かした。

また、NAOTOとは初共演となる黒島。「お芝居の仕事をしていると、アーティストの方と出会う機会はあまりないので、初めて会ったときは“テレビで観てた人だ~!”と一視聴者としてドキドキしました(笑)」と印象を明かし、「一緒にお芝居をするようになってからは、私の課題である切り替えのお芝居がすごく面白くて、勉強になります。現場は深夜のシーンが多く、またアクションもされているので大変だと思うのですが、疲れを一切感じさせない爽やかさは本当にすごいなと尊敬しています」と称賛した。

見どころについては、「何と言ってもNAOTOさんのアクションシーンです! ダンスをしているようなキレのあるとってもかっこいいアクションを、早く皆さんに観ていただきたいです」とアピールし、さらに「物語が進むにつれて、謎のある栞の本当の姿がみえてくるので、そこも楽しみにしていてほしいです。面白いドラマにできるように頑張ります!」と意気込んだ。

さらに今回、栞の叔父・田之上裕三(たのうえゆうぞう)役を木下ほうか。実話ニュースサイト「実話バスターズ」の編集長・権田薫子(ごんだかおるこ)役を余貴美子。NAOTOのマネージャー・加藤役を野中隆光。薫子の部下・浦野役を小路勇介が演じることもあわせて発表された。

松本まりかが主演を務めるドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第9話「残酷なキス、満たされる身体と埋められない心。」が、12月4日と5日に放送。SNS上では松本演じる純須純と藤原季節演じる真山篤郎のキスシーンに、反響が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook