12月30日(水)に放送される特別番組『日本人として知っておくべき 戦後の51人』(テレビ東京系列、20:54~24:05)で、ビートたけしと長嶋茂雄読売巨人軍終身名誉監督のプレミアム対談が実現した。

同番組は、たけしと林修がMCを務めるバラエティ特番。戦後70年の締めくくりとして、“戦後、日本人が知っておくべき51人”を選び、「日本を世界に認めさせた10人」「子ども達に夢を与えた6人」「記録よりも記憶に残った6人」などのテーマに分け、秘蔵映像や秘話を紹介する。

長嶋は、「記録よりも記憶に残った6人」の1人として紹介するにあたり、直接話を聞きたいとたけしが熱烈にオファーしたところ、特別出演してくれることに。ホームランを打った天覧試合の裏側や、長嶋に関する「都市伝説」の真偽について語ったほか、巨人軍・高橋由伸新監督への熱い想いも打ち明けた。

対談後、長嶋はたけしに、国民栄誉賞受賞時にかぶっていた巨人軍の帽子とサイン入りのユニフォームをサプライズプレゼント。これに感激したたけしは、「家に泥棒が入らないようにセコム入れないと。こんなに有り難いことはないよ、テレビ東京さんありがとう。こんなものもらっちゃって、ギャラは半分でいいよ」と興奮を隠せない様子。

“神様”のように尊敬している長嶋との対談を終え、たけしは「テンションがあがっちゃって、ヘトヘトだよ。演芸場の舞台みたいに。俺一人でしゃべってたんじゃないかな。すごく緊張した。俺は緊張すると良くしゃべるんだよ。あと1時間やってたらぶっ倒れてるよ(笑)」と明かし、また「この歳になった今でも素敵でかっこいいよね」と長嶋の印象を語っていた。

日本の「ナゼそこ?」と思える場所に急行し、ナゼこんな秘境に住んでいるのか? と思う人物の意外な人生ドラマから、都会の身近な謎まで調査する「ナゼそこ?」(木曜夜9時)。「テレ東プラス」では、毎回放送した感動ストーリーを紹介していく。テレビ東京の倉庫に眠る、およそ16年分の番組映像。今回はその中から、「ナゼそこ?」目線で秘境人を大捜索!レーサーを辞めて自給自足福島県で自給自足生活を送る幡谷壮太さん(取材時43歳)。米や野菜、果物も作り、ドジョウなどを捕まえて食料としているので、食費はほぼゼロ。そんな

ページトップへ
Twitter Facebook