お笑いタレントの志村けんが、12月30日(水)放送の『日本人として知っておくべき 戦後の51人』(テレビ東京系列、20:54~24:05)に出演。歴代最高視聴率50.5%という記録を持つ伝説の番組『8時だョ!全員集合』で社会現象を巻き起こしたコントグループ「ザ・ドリフターズ」の裏話を告白する。

同番組は、ビートたけしと林修がMCを務めるバラエティ特番。戦後70年の締めくくりとして、“戦後、日本人が知っておくべき51人”を選び、「日本を世界に認めさせた10人」「子ども達に夢を与えた6人」「記録よりも記憶に残った6人」などのテーマに分け、秘蔵映像や秘話を紹介する。

志村けんは、「日本を笑顔にした8人」に選ばれ、スペシャルゲストとしてスタジオに登場。『8時だョ!全員集合』の演出やセットへのこだわりを明かすほか、「長さん(リーダーのいかりや長介さん)が最初にごそっと持って行って、残ったものを4人で等分していた」という、メンバー間のギャラ格差についても暴露する。

スタジオには、ドリフコントで使われていた定番の小道具が登場。志村とたけしが使い方やコツを伝授するほか、“ドリフ世代”で毎週『全員集合』を見ていたという林が、念願叶って(?)志村に叩かれ喜ぶ場面も。

そんな中、同時間帯に放送していた『オレたちひょうきん族』について、志村は「『8時だョ!全員集合』を生放送でやっていたので、一度も見たことがなかった。ビデオも無い時代だったので時間をずらしてくれれば見られたのに」と残念がり、その『オレたちひょうきん族』に出演していたたけしは、「『オレたちひょうきん族』ではドリフに対抗して、全く正反対のことをやろうと言っていた。自分もドリフみたいな団体芸をやりたくて、たけし軍団を作った」と知られざる秘話を語った。

ページトップへ
Twitter Facebook